2018年6月 5日 (火)

そこに樹があるから

田植えの合間をぬって、クルミの樹皮の採取をしています。

樹皮の編み組み細工用です。

採取は、5月中旬から6月中旬までの期間限定。

この時期は樹の水分を吸い上げる力が強く、樹皮を取りやすいのだそうです。

3年前から樹皮編み細工をボチボチと初めて来ましたが、これまでは、先生の材料を使ったり、知人が採取した材料で編み組みをしてきました。

うちにもクルミの樹が何本かあるらしい。

場所を聞いて、ちょうどよい枝を手ノコでギコギコ切り、樹皮を剥く。

ほんとにバナナを剥くようにスルリと面白いように樹皮が剥けます。

地元の農業高校の生徒によると、クルミの実は、リスが冬に食べようと土に埋めていたのを忘れてしまい、放置したのが発芽して樹になるそうで・・・。

ふむふむ。

道理で、あちこちにクルミの樹があるわけだ。

いろいろ調べているうちに、サワグルミとオニグルミがあり、オニグルミは実が成るけれど、サワグルミはならない。

よくよく見ると、里山のあちこちにクルミの樹が生えている。

そこにも!あそこにも!。

春先にコシアブラだと思って見ていた芽が、どうやらサワグルミだったらしい。

コシアブラの芽がたくさんあるなぁ。

採って食べたいなぁ。

と思っていた樹がサワグルミだったとはネ。

そうして見ると、かなりあちこちにはえているのだった。

クルミの樹ばかり目についてしまう。

が、私有地みたいなところなので、さすがに木を切るのは気が引ける。

と思っていたら、てん家の土地にも生えてました。♪

嬉しや。

心置きなく採取できます。

そんなこんな数本の木を伐り出し樹皮を採取しました。

ついつい欲張ってたくさん採取。

どんだけ作るんでしょうか。

作りたくても材料がないとまず出来ないので、取りあえずは採取。

今しか出来ないしー。

里山とはいえ、時には、酷暑の中や、草むらをかき分け、坂道をなん往復し、えっさえっさと木を伐り出す。

そう、そこに樹があれば、切って、樹皮はいでー。

登山家の心境。

| | コメント (0)

2018年6月 4日 (月)

サービスセンターの対応

今日は、2件、サービセンターと話して、それぞれ感じるところがあった。

まず1件目(仮にA社)は、電話が繋がる前に「サービス向上の為、録音します」という最初の文言。

これって、お客さまの為というより、会社の為じゃないか、って思い、率直に、弊社の都合でとかなんとか言ったほうが潔いいと思う。トイレの「キレイに使って有難うございます」みたいな遠まわしにキレイに使って欲しいとゆう言い方と相通じる表現。

いくら、クレーマーが多いと言われる昨今でも。

久々にサービスセンターに電話して、このセリフ聞いたので、あまりいい気分はしないです。遠まわしにクレーマー扱いされてる感じがします。

して、本題のサービスについて確認したいことがあったので、尋ねたところ、「それはうちではやってません。B社(A社の商品を紹介)のサービスです。」と言うばかり。

予想した回答とかけ離れていたので、意味がわからなかったし、返事に困った。

てんこちゃん、そんなにアタマ良くないし。

あとで、冷静に考えたら、言葉足らずな説明だと思う。もう少し他に言い方があるんじゃないかと、カチンときましたが、その時は自分でも怒りの理由がわからないのですね。

サービス向上にちっともなってないじゃないか!!

既に、その商品を買う気なくしました。

確認したい点があったので、今度は、そのB社に電話した。

B社のサービスセンターでは、ちゃんと担当の方が氏名を名乗り、かくかくしかじかと説明すると、「申し訳ございません」と平身低頭お詫びし、反論せず、クレーム対応の常とう手段の感じを受け、それはそれでなんだかなぁと思った。

が、具体的な対応策を示したので、納得もし、今後にも役立ってくれることを期待したいです。

問い合わせしたのに、一方的にアイソの無い返事で最初は怒りが先に来てしまいました。が、それでは自分の意見が伝わらないので、一呼吸置き、冷静になるのが、やっぱ一番と反省ですだ。

| | コメント (0)

2018年6月 3日 (日)

化石

ガラケーって何??!て、その意味さえ知らなかった、てんこちゃんです。

てんこちゃん、いまだ、ガラケー。

あんまり不便を感じずここまで来たけれど、最近、モーレツにスマホ欲しい!!と思うようになってきた。

今更だけど、大多数がスマホの現在。

皆、LINEだ、インスタだ、フェイスブックだのツイッターだの何かしらしている。

これまで不便感じたのは、メールしていて、絵文字が文字化けすること。

その程度なら、文脈の前後で何となく分かってきた。

集まりがあると、何かわからないことがあると、チャチャっとネットで検索するヒト。

アプリで競馬中継のチェックするヒト。

懸賞の応募もスマホ限定。無料の音楽配信もスマホ限定。

いろいろ不便を感じるようになってきたのです。

それに、登山用アプリを入れれば、圏外でもGPS機能が可能だとか。

これからの時期、タケノコ採りに出かけ、道に迷わないとも限らない。

嗚呼、大多数に飲み込まれてしまう気がしないでもないが、このままでは世の中からどんどん取り残され化石になってゆく・・・。

| | コメント (0)

2018年6月 2日 (土)

田舎の風景

田植えが済んだばかりの水田に、雲や樹々、家などが映り、大きな鏡のようです。

数日経つと、稲が伸びて、その光景もみえなくなります。

広大な畑に蒔かれたデントコーンが芽が出て、点々の直線が幾重にも模様のように見えます。

雑草は勢いよく伸びて、圧倒します。

日々移り変わる景色を、てんこちゃんの力では表現しきれず、もどかしい。

感じることは出来ても伝えることは難しい。

とにかく初夏の田園は、すごいんです。

| | コメント (0)

2018年5月31日 (木)

田植終了

てん家の周辺では、ウグイス、カッコウ、ヤマバトの鳴き声が、かわるがわる聴こえます。

なーんて、のどかなんだ。

昨日で、てん家の田植え終わりました。

その間、てんこちゃんは初作業を体験。

手押し式草刈り機で畦道の草を刈ったり、田んぼにハマった田植機を引っ張り上げる為、トラクターを初運転。

今まで、避けてきた作業である。

ヒーッ!!ココロの中で叫びながらやりました。

他にやるヒトがいないからー。

緊張と暑さに、そんなに作業したわけではないのに、かなりバテました。

1メートル近く伸びた牧草は邪魔で邪魔で、ほっておくとどんどん伸びます。

今、もっぱら欲しいのは、てんこちゃんのような非力なものでも扱える草刈り機。

高い買い物なので、試してから買いたい。

田植えが終わったので、ひと段落。

とはいえ、疲れて家事も出来なかったので、あれもこれもそれもこれもやらないと・・・。

| | コメント (0)

2018年5月26日 (土)

運動会

盛岡市内の小学校は、今日、運動会のところが多いです。

今日は、とてもいい天気で暑い一日でした。

炎天下の中、一日中外にいると、日焼けがピリピりします。

てんこちゃんが、小学生の時は、日焼け止めクリームてなものは無かったので、

がっつり日焼けしました。

真っ赤になり、寝付けないほどヒリヒリ痛くて痛くて、夜も寝られない。

軽いヤケドですヨ。

半袖短パンの体操着なので、二の腕も太ももも白黒パンダのように日焼けの跡がつき、水着もノースリーブも変な跡が付いたまま夏を過ごすのが毎度のこと。

競技の思い出よりも、そんなことのほうが記憶に残っています。

今では、日焼け止めクリームや熱中症対策に水筒も持参が必須。

てんこちゃんの地区の小学校は地区と合同で、明日あります。

てんこちゃんは、今年、係りになったので、明日は、朝から、夕方のご苦労さん会まで出ます。

日焼け対策と熱中症対策しっかりしたいと思います。

そんなこんな、明日は運動会。それから田植えが続きます。

| | コメント (0)

2018年5月23日 (水)

マンガの登場人物

NHKの朝ドラは珍しく、リアルタイムで見てます。

舞台が岐阜から東京へと移り、主人公が、マンガ家秋風先生のアシスタントになり、働く生活が始まりました。

個性的な面々の中、特に秘書役の井川遥の衣装がスゴイ。

ヒラヒラワンピースにソバージュ。

お人形のよう。

ピ○クハウスの恰好そのもの。

井川遥が、スゴク似合っている。

毎回違った衣装で、目が離せません。

ピ○クハウスは、80年代のたいそうカワイイお洋服で、憧れのブランドでありましたが、着るヒトを選び、また、お値段も相当イイので手が出なかった。

そして、井川遥は、マンガ「動物のお医者さん」に出て来る菱沼さんという登場人物の恰好にソックリ。

このマンガは1980年後半から90年前半にかけ連載され、シベリアン・ハスキー犬ブームのキッカケになりました。

菱沼さんは、キレイでアタマもヨイけれど、クセのある人物。

アンニュイな雰囲気をかもし出しながら、いつもピ○クハウスの洋服を着こなしてるのが印象的でした。

井川遥の役名も菱沼さんてことを発見し、マンガとオーバラップしてしまいました。

| | コメント (0)

2018年5月20日 (日)

草と格闘

週末の大雨で、避難準備まで出ましたが、なんとか回避できたみたい。

てん家の田んぼは、この大雨で水浸しになり湖のようになってます。

よそでは、早々と田植えも始まっている模様。

てん家も昨日今日で田植えの予定だったのが、代掻きも間に合わずに来週に延期です。

昨年から、苗運び担当になったものの、体力もつのかー。

五月晴れの今日は、庭の草取りに励みました。

毎日格闘しています。

スギナ、ヨモギ、ヒメジョオン、ツルのようなもの・・・などなど。

草取り鎌で土を掘ると、5、6センチ下の地面から、すでに草の芽がたくさん出ている。

これが、あっという間に伸びて、すごい勢いで庭じゅうを覆い尽くしちゃう。

2、3日もほっとけば、ジャングル状態。

除草剤は使いたくないし、雑草も嫌いじゃない。

ただ、庭には生えて欲しくない。

毎日、毎日、取っても、取っても、あれよあれよという間に草が生えてくる~。

やっと、土の部分が見えたので、グラジオラスの球根を30球植えました。

雑草に負けず、芽を出してネ・・・と、願いつつ。

| | コメント (0)

2018年5月19日 (土)

これはいったい・・・。

西城秀樹の訃報で、大物女優の訃報が片隅に追いやられたような・・・。

渡辺謙、南果歩の離婚の報告も、時期を、まさか狙ったわけじゃないよね。

少し残念な気持ちになってしまいました。

ネットニュースも、よく見るのですが、西城秀樹のニュースもいろいろ出ていたので、アクセスしていたら、突如、システム警告の表示が出た。

システムが壊れているので、ドライバが更新されないと○○○秒後にファイルが完全に削除されるという。

更新したほうがよいのか・・・。

焦る。

困った。困った。

オロオロして、そのままにしていたら、またメッセージがきた。

「あなたは更新していません。」

「削除される前にそうして下さい」

「我々は更新するまで、あなたがこのページを離れないことを強くお勧めします」

丁寧な言い回しだけど、脅されてる感が否めない。

こんな警告ってあるんですか?

詳しいヒト教えてくだされ。

ウィルス対策しているはずだけど、ウィルスか?

こゆ言い方だと、返って反発しちゃうのですよね。

なぞのまま、そのままにして、後で、てん夫に診てもらい、対応してもらいました。

| | コメント (0)

2018年5月18日 (金)

スター

やはり、この話題を取り上げないわけにはいかない。

西城秀樹さんの死。

昨日は、訃報に、幼馴染とビックりし合ってました。

熱烈ファンだった、学生時代の、あの人の顔、あの人の顔が浮かんだ。

小学生の頃、折り畳み傘を伸ばしてマイクパフォーマンスをマネしたり、髪をロン毛にして先生に「切れ!」と何度怒られても、絶対に切らなかった男子の面々を思い出した。

影響計り知れず。

ちびまる子ちゃん世代にとって、どっぷりはまったアイドルスターでした。

今日も、数々の歌の映像が流れていますが、改めて見ていると、歌が上手いのだなあ。

当時は、気付かなかったです。

タイプじゃなかったもので、よく見ていなかった。

2、3年前に、盛岡の同窓会コンサートに行った友人によると、やはり出演者が皆でヒデキをサポートしてステージに上がったとか。

共演の人たちが、そこまでするって、なかなかないですよね。

それも人望か。

東京近郊ならいざしらず、盛岡までの移動もたいへんだったでしょうに。

弱いところに目を背けることなく、余すところなく見せながら、真摯に人生に向き合ってきた人だったんだなあ・・・。

今日は、いろんな番組が追悼を組んでいて、ヒット曲の数々や闘病生活まで出ていました。

西城秀樹の歌声もパフォーマンスも代わりはもういない。

| | コメント (0)

«やっと。