« あれもスイカ・これもスイカ・まだスイカ | トップページ | まつり三昧 »

2006年9月30日 (土)

お口が悪いおんばさん

Bara_3 うちのおんばさんは、とにかく、働き者。この辺りのおんばさん達のあいだでも、おんばさんのミギに出るものナシという程、起きてから寝るまで食事とお風呂とトイレ以外はたぶん農家のオシゴトをしている。また、健脚で動きも早い。とにかくせっかち。そして、タイヘンなアワテモノ。そして口も悪い。こんなに義母を言っていいものかと思うが、そうはいっても、てんこちゃんは結構うちのおんばさんを気に入っている。いろいろと話題にことかかない。てんこちゃんでさえつっこみどころが多い人物なのだ。

てんこちゃんは嫁に来た当時、はっきり言って、おんばさんの話していることは100%わからなかった。他県からお嫁さんに来た人は言葉に泣くというが、実家からわずか15キロしか離れていないのに、言葉が通じないなんて!!と思うのだ。おんずさんは、長年東京へ出稼ぎなんか行っていたせいかしらないが、一応話しは通じた。しかし、おんずさんと話すことなんて、あんまりない。おんばさんはとにかく方言の上、早口なので何を言っているんだかさっぱりわからず、嫁に来た頃は、てんこちゃんはただただ、わかったフリをしてニコニコうなずくだけだった。

てん息が生まれた当時、おんばさんは、生まれたばかりのアドケナイてん息を見ながら、てん夫の上の兄の話をしたことがあった。てん夫は農家の跡取りだがホントは兄がいた。しかし、生まれて数ヶ月で病気で亡くなった。乳児検診だか予防接種に連れて行ったとき、寒い時期で会場も寒くて、風邪を引いてしまいこじらせて肺炎になって亡くなった・・・ということらしい・・・。てん夫に話したら、てん夫は兄の死の顛末を初めて知ったようだった。親子でも、聞きにくかったらしくこれまで、なんで死んだのかなんて聞いたことなかったようだ。てんこちゃんはそのお話を聞いた時「今とっても大事なことを、おんばさんは話したよーだが、ヨクワカラナイ・・・とてもザンネンダ」と思った。

「○○とってこー。」(○○をとっていらっしゃい)と言われてもその○○が何かワカラズ何度も聞き返す、ということがたびたびあった。とにかく意思疎通がなかなか出来ない。

しかし、意思疎通が出来ないということは、時にはヨイ事もある。おんばさんは、たいしたキカナイ人なので、機嫌が悪いと話し方もとっても荒くなる。そして、てんこちゃんにもなんだかオコッテイルよーだというニュアンスは伝わるものの、言葉が通じない為、ナニ言ッテルンダカ、ワカラナイ。きっとストレートに意味がわかったらかなり傷付くと思う。あー言葉が通じなくてヨカッタ!!と思う瞬間である。

おんばさんの口の悪さは、嫁だけにとどまらない。普通のおんばさんは、孫はかわいがるものだ。しかし、うちのおんばさんは、孫に対しても口が悪かったらしい。

先日、帰盛した、姪のUちゃんもそのトラウマをかかえたひとり。Uちゃんは2年前赤ちゃんを生んだ。そして、おんばさんにはひ孫にあたる子を見せに来た。ひ孫の顔が見られるなんて、普通喜びと感慨はひとしおと思うが、おんばさんは、赤ちゃんを見て「目と目の間が離れているからどーのとか、鼻がひろがってるからどーのこーの。」(てんこちゃんにはあいかわらずなんと言っているかよくわからなかった。)とかなんとか、Uちゃんが一生懸命「目がとっても大きくてかわいいでしょ!」とか力説してるにもかかわらず、難癖をつけた。

おんばさんなりの愛情表現と良い方に受け止めたいと嫁のてんこちゃんは思う。しかし、帰り道、Uちゃんは赤ちゃんを抱いて歩きながら、子供の頃、よく、おんばさんに背が低いだの目が小さいだの何癖をつけられ傷付いたものだとこぼしていた。お義姉さんは「あいかわらず毒舌だったか。」と言い、Uちゃんは「あいかわらずだ。」と答えていた。

今年もまた二人目のひ孫が生まれ、家に連れてきたが、おんばさんは、「このアカンボは色が黒い。」と言い、とってもキュートな名前があるにもかかわらず、「クロコ!クロコ!」とあやし、Uちゃんをたいそう怒らせていた。Uちゃんも最近は母になったせいか、負けじと「おばあちゃんって、前から思っていたけど、ちょっと、口悪すぎ!!」と言っても、おんばさんには通じないのだ。

普通、初孫の二十歳の振袖はおんばさんが用意してくれるもの。「おばあちゃんありがとう!!。」なんて感動的な言葉が出るものだが、Uちゃんが二十歳になった時、おんばさんは、「借りて着るのが一番だ」と言ったものだ。

おんばさんと一緒にデパートに行く機会があって、せっかく来たから、ひ孫に「なんかお祝いにお洋服買わない?!」と言ったが「あそこのうちは古着が好きだっけ。」とかなんとか言って一向に子供服売り場に行く気が無い様子だったので、嫁のてんこちゃんも、なんとなく、お祝いを渡しそびれてしまった。あとで、てん夫に「お祝い、やったかー。」と聞かれたが、これこれしかじかで、やってないのだと言い、Uちゃんが帰る間際に出産祝いを慌てててん夫が渡した。

まだまだ、おんばさんネタはいっぱいある。結構てんこちゃんは振り回されっぱなしだ。しょっちゅうショウトツする。しかし、てんこちゃんも農家のお仕事は全くしてないので、おんばさんが体を壊されたらとっても困る。口が悪くてもいいから、いつまでも元気でどんどんお仕事して欲しいのだ。

おんばさんはお花の苗や樹の苗を買うのは大好き。しかし、けっしてバラだけは買わない。バラは病気し易いし、虫つき易いので、おんばさんは嫌っている。写真のバラはもらい物の苗。花畑の隅っこに植えている。

てんこちゃんの好きなものはおんばさんは嫌いなのだ。

|

« あれもスイカ・これもスイカ・まだスイカ | トップページ | まつり三昧 »

コメント

待ってましたぁー!
しかし、いまだに言ってる事がわからないってすごいですよね。
私なら隣町だから、わかるかしら?
でも、いちいち根に持ってちゃ参りますよね。
色んな意味で成長出来るかも。。。

投稿: ももぴょん | 2006年9月30日 (土) 09時38分

これでも、8割位はわかるようになってきましたヨ。
てんこちゃんもすっかり、訛りが板についてしまったので
もう標準語は無理かも。
お互い、だんだん遠慮がなくなってきたので、
言いたい放題ですよー。
たぶん成長・・・無理でしょう・・・。
ハハハ・・・笑うしかないですね。

投稿: てんこちゃん | 2006年10月 1日 (日) 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お口が悪いおんばさん:

« あれもスイカ・これもスイカ・まだスイカ | トップページ | まつり三昧 »