« 先生の作品 | トップページ | 流行 »

2006年11月22日 (水)

キャラバン

Kakurenbo_1

てんこちゃんたちがボランティアしてる、絵本の読み聞かせ会のおはなしキャラバン。今年、てんこちゃんのグループは初めて参加して、二つの保育園にお邪魔したのだが、実は県の事業で3年目だそうだ。今回、ボランティアサークル「かくれんぼ」さんがてんこちゃんの近くの小学校に来ることになった。対象は全学年。低・中・高を分けて一日で行うという。1回の持ち時間45分、80人規模。そんな読み聞かせ会をてんこちゃんのグループは経験がない。なので、見学させていただくことにした。

てんこちゃんもそこそこ、ボランティアの研修会には参加してるので、ある程度、県内で活動してるグループは知っている。しかし、「かくれんぼ」さんはナゾのグループだった。

今回、低学年、中学年、高学年、それぞれ、見学したのだが、選書といい、プログラムといい、各学年、ツボにはまった内容でとても参考になった。

腹話術の達人。わらべうた、言葉遊び、詩の暗誦、大型絵本、パネルシアター、ペープサート、しかけ絵本。各学年の興味の度合いによって使い分けている。小道具も本格的。

勉強になると共に楽しませてもらった。

11月は小学校も行事が一段落するのか、各学校読書祭りが行われ、てんこちゃんのグループにも声がかかる。出前が一番集中する季節。定例の活動もあるので、限られた人数で行うのはちょっとタイヘンな時期なのだ。3つの小学校に依頼されているのだが、対象が高学年と人数が多いので、てんこちゃん達メンバーはちょっと引き気味。高学年は特に反応もいまひとつだし、大人数だと、こっちのほうがあがっちゃう。

何分にもシロウト集団。今日、「かくれんぼ」さんの読み聞かせを見て、益々、メンバー達は不安になってしまった。一応プログラムは決めたものの、リハーサルを行うことにした。

いつも、選書やら、プログラムの構成やら、事前に念入りに打ち合わせしている。ボランティアといえど、妥協はしたくない。子供達の貴重な休み時間をもらって本の紹介をするので、少しでも楽しんでもらいたいと思っている。そんな、カゲの努力を先生もわかってちょーだいネ。それも無償奉仕なんだから!!ブツブツブツ・・・・・。(なんだか、最後は愚痴っぽくなってしまった)

特に、今度行く小学校の近くには、有名なお蕎麦のおいしいお店があるから、帰りに寄っていこうネ。と、メンバーはそれをお楽しみにしてるのだった。

|

« 先生の作品 | トップページ | 流行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先生の作品 | トップページ | 流行 »