« 偶然?!必然?! | トップページ | ハナシのタネ(その2) »

2007年1月13日 (土)

ハナシのタネ

Ukun_2

農閑期を利用して、おんばさんを温泉に連れて行った。おんばさんは昨年、沖縄旅行した。年寄りなので「オラハ、そんたに遠くに行けネじゃ。」とかなんとか言っていたワリに農協の団体旅行パックで知り合いもたくさん同行し、随分楽しんできたようだった。

今年の正月に、親戚が集まった折に、おんばさんに、今年はどっか行きたいところはないの?と聞いたら、玉川温泉に行きたいと言っていた。てんこちゃんも行ったことない温泉だったので、てん夫もお暇なこの時期に行きたいなーと思ったのだが、かなり雪深いところで日帰りで行くのは結構大変な場所らしい。

どっかないかなぁと探して、今回は沢内の砂ゆっこに行くことにした。おんばさんを誘ったら大乗り気。

という訳で砂ゆっこに行った。てん夫とてん息は当たり前だが男湯。てんこちゃんとおんばさんは女湯。温泉に入る前にトイレに行った。ここのトイレはスリッパないんかい。と思い裸足で用を足して出てきたら、先にトイレを使ったおんばさんが、「スリッパ履いて出てきた。」と言ってトイレスリッパを戻しに来た。

えーん。

おんばさんは、以前にもある温泉に行った時、脱衣所で服脱いで、素っ裸になり、タオルで大事なとこだけかくして、おもむろに外に出て行こうとしたことがある。知り合いもたくさんいたのだが、みな、なにか忘れ物でもしたのかナ?と思ったという。すんでのところでてんこちゃんは、「おんばさん!おんばさん!どごさいぐー?!そっちじゃないヨ。」と慌てて言い、おんばさんは「そか。」と言いお風呂のほうへ行ったことを思い出した。

てんこちゃんも大ドジなので、人のことは言えないのだが、今でもその時の光景を思い出すとついつい可笑しくて笑ってしまう。

おんばさんには、数々の逸話があるのである。

いつもはこの続きも書きたいところだけど、明日子供会の行事があるので、今回は序章だけ。

次回に続く。

|

« 偶然?!必然?! | トップページ | ハナシのタネ(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 偶然?!必然?! | トップページ | ハナシのタネ(その2) »