« コワイ失敗 | トップページ | 制作 »

2007年2月11日 (日)

マズパフェ

Pafe_1

盛岡市内の某デパートで、小中学生の造形展が開かれた。これまでは、全く関係なかったが、市村合併したおかげで、てん息の小学校も展示されることになった。よその小学校は選ばれた子の作品だけ展示されるが、てん息の小学校は規模が小さいので合同作品全員作品展示。

てんこちゃんは、いろんな用事が市内であったので、姪っ子を連れ見学行くことにした。なぜに、てん息連れではなく姪っ子連れなのかというと、てん息は実家で甥っ子と共にゲームするほうを選び、姪っ子は某イ○ンのラブ&ベリーに夢中。で、イ○ンに行かなければならない用事もあったので、「イ○ン」というコトバに反応し、付いて来たというワケ。

造形展では、甥っ子の作品も選ばれて展示されているし、姪っ子のお友達の作品もあった。市内の小学生の作品を鑑賞し、さてお茶っこでもしよう。とてんこちゃん御一行様は、せっかくなので、モ○ゾフカフェのパフェを食べようと思った。今はないけど、資○堂パーラーのパフェとモ○ゾフのパフェはよそのパフェとはアイスの質が違う、絶品だ!と、てんこちゃんはよく食べたものだ。

モ○ゾフカフェに行くとメニューにパフェない。それに、飲み物だけで、700円位する。デザートセットになると1000円以上。とても庶民のてんこちゃんは入る勇気がなかった。コ○サのカフェしかり、パ○スカフェしかり。

時代は変わったか。

でも、ゆっくりしたかったのでレストラン街の喫茶店に入ることにした。ここのお店はてんこちゃんは過去にあんまり印象がよくなかったが、メニューも変わったようなので入ってしまった。

てんこちゃんはイチゴワッフルを注文し、姪っ子はフルーツパフェを注文。最初は、姪っ子も普通に食べていたが、顔の筋肉がどんどん変わっていく。ふざけているのかと思ったが、ベリーが酸っぱいという。食べ進むにつれまたまた顔の筋肉が変わっていった。とうとう姪っ子は、てんこちゃんにパフェよこしたので、食べてみると、なんとも微妙な味である。酸っぱいようなトローリ感。これは何のお味でしょう?!とよくよく見てみると、シリアル系の中に白ゴマが入っている。パフェに白ゴマ・・・・。して、この酸っぱさはヨーグルトか。最後の缶詰はあんまりおいしくないトロピカルな果物。

見た目はとっても美味しそうなのに・・・。

健康志向の人にはいいかもしれない。

子供の頃のてんこちゃんにとってパフェは夢のような食べ物だった。

まず、色とりどりの果物が美しい形にふんだんに飾られ、ひとつひとつの果物のお味を楽しむ。たいてい、サクランボの飾りがアクセントについているがサクランボはすぐに食べないで、ちょとお皿においておく。たいしてさくらんぼの缶詰って美味しくないのだが、やはりさくらんぼは特別な存在。

最初の一口目は当たりさわりのない、みかんかバナナ。それから、綺麗に飾り切りされたオレンジにしようかメロンにしようか悩みつつ、ガラスの器から落っことさないよう、ちょっとしたスリルを感じながら食べていくと、生クリームがこれまた滅多に食べないので美味。尚も食べてゆくと今度は冷たいアイスが待っている。甘い生クリームの食感から冷たいアイスの食感に変わるお楽しみ。そして、溶けかかったアイスと共に、最後のフルーツ缶に行き着く頃には完食しつつも底の底に残っている甘いクリームの混ざりあったをシロップを一生懸命長いスプーンですくおうとするが、パフェの器独特の形によって、スプーンが狭い底まで届かなくて、あきらめざるを得ない無念さ。

とパフェひとつで、いろんな味と感情を楽しめちゃうという食べ物は滅多に無いと思うのだ。

それが、だんだんに、器の間にシリアルを入れてごまかしたりアイスの味がいまひとつだったり、パフェを素直に楽しめなくなっていた自分に気づく日がきてしまう。(てんこちゃんもオトナになっちゃったのね)

という思い出なども折り込みつつ、イ○ンに行った。姪っ子はいつもお出かけの時ウエストポーチを持って歩くのだが、今回はおしゃれなバッグを持っている。珍しいと思ったら、ノート台のカードケースを入れていたんですね。

見ると、イ○ン中、歩いている女の子がみながみなラブベリファイルを持っているのだった。

お目当てのラブ&ベリーゲームはカードゲーム。カードは一枚100円。姪っ子は50枚位持っているというが、友達は100枚持っているという。カードの値段もすごいが、カードなくしてはゲームも出来ず、すごい市場だ。いかにも女の子が好きそうな体感ゲームだ。

てん家はぼんずなので、ポケモン、デジモン、遊戯王、などなどやたらとカードゲームにはまりまくり、いくらつぎ込んだかわからないが、女子の世界もこれをやっていないと友達の会話にも入れなさそう。

お金がないとつまらない遊びなんて・・・ほぅ。

お金がいくらあっても足りないよ。

|

« コワイ失敗 | トップページ | 制作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コワイ失敗 | トップページ | 制作 »