« ニョキニョキ | トップページ | まぎれていた »

2007年3月 6日 (火)

申告

Sinkoku_1

個人事業主は今の時期、深刻になっているかもしれない。ではなくて,最初にシンコクと入力したら深刻と出たのだがてんこちゃんが言いたかったのは税金の申告のハナシでございます。(つまらないダジャレ)

専業主婦であるてんこちゃんも一応農家の嫁なので、普段農作業を手伝わない分、農家所得の税務申告の手伝い位はしてあげようと思っている。しかし、毎年てん夫がちゃっちゃっとやってしまい、てんこちゃんの出る幕は残念ながら無い。しかし、申告でホントニ深刻になっている方が全国でもたくさんいるかと思う。てんこちゃんも、昔、税金関係で、メに遭った。

てんこちゃんは、高校卒業後数年間はバイト生活だった。事務のバイトというかパートというのか、兎に角正社員じゃないけど仕事の中身は一緒。ボーナスナシ。薄給でこきつかわれていた。

夜学に通っていたので、定時で帰れるところだけが取り柄。

雇われ人は毎年年末調整があり、税金の還付がある。ほとんどの場合オカネが戻ってくる。戻ってくると本来は払いすぎて元々は自分のオカネであるのに、なんだかうれしい。

ある年、てんこちゃんは、年末調整で数万円の税金を追徴されることになった。てんこちゃんの時給は数年変わらず、例年オカネが少なからず戻っていたので、これはゼッタイオカシイ!!と思った。

てんこちゃんは、税金の計算に詳しいお友達に再計算してもらった。

すると、案の定計算方法が間違っていた。経理担当のおばちゃんの計算ミスだった。元々おばちゃんは評判が悪くて、てんこちゃんのような小心者は格好のイジメの対象にされていた。なので、おばちゃんに言ってもバカなので無駄なことは明白だった。てんこちゃんがおばちゃんにイジメられ、じっと耐えているのをいつも影ながら不憫に思ってくれていた上司に、計算の根拠を出して訂正を正してもらった。おばちゃんは上司に言われ、しぶしぶ税務署に還付の手続きを行った。

大体、てんこちゃんのような薄給のムスメに数万円の追徴金はイタイ。そのおばちゃんは勤続年数は長いし正社員で給料もいいのだ。数万円くらいイタクもカユクもないだろうが、こっちは違うんじゃい!!。

でもって、それから、知ったことだが、税務署って、申告しない限りオカネは戻ってこない。

「この計算間違ってるから、オカネ返しますヨ。」とは税務署さんからは決して言ってこないのだ。言葉は悪いがイタダキモノ勝ち。

それに、還付申告手続きを行っても、すぐにオカネは戻って来ない。てんこちゃんは首をナガークして待っていたが、3ヶ月位待っただろうか。

一般人は税金の計算なんて、面倒で普通はわからない。毎年来る源泉徴収票の紙でさえ、てんこちゃんは毎年書いているにもかかわらず、これでよかったっけ?といつも思いつつ、総務に確認して出してきた。

特に計算弱いてんこちゃんの場合、その時は、明らかにオカシイと思ったので見直してもらったが、気づかないけど案外いっぱい払いすぎていたりして。などと疑うことも時には必要である。という貴重な教訓を得た。

これは、税務署に限ったことではなくて、金融機関とか、保険屋さんとか、病院であるとかなんでもありだと思う。

近いところでは、うちは農協さんにお世話になっているが、つい最近も農協さんでオカネに絡む不祥事があった。それもとんでもない金額だ。よくそこまで気づかないものだネ。と思う。農家が身体を張って得た収入を、よくも遊行費に湯水のように使ってくれたネ。と思うが、気づかない農協も農協だ。でもって、銀行のようにあんまりチェックが厳しくないらしい。おんばさんが、亡くなったおんずさんの預金を解約したら、金額が少なくて、もっとあるはずだ!と詰め寄ったら実はもっとあった。というウソみたいな経験しているので、てん夫などは、お金は農協さんにはあまり預けたがらない。

又、なにか困ったとき、救済制度がいろいろあったりするものだ。知らないが故に追い詰められ、自らまたは家族を巻き込んで命を絶つなんて最悪なことになってしまうことがよく巷である。

ホントにもうダメだ!!と思っても案外「捨てる神あれば拾う神アリ」なので、あらゆる手段(勿論合法的に)を利用しちゃいましょう。

てんこちゃんも多少、これまで生きてきた中でちょっとタイヘンだったナという時がなきにしもあらず。そんな時多方面で専門家のお友達が助言してくれたおかげでなんとかなった。持つべきものはオトモダチである。てんこちゃんも結構綱渡り人生である。

てんこちゃんのモットーは「転んでもただでは起きず」なのだ。

ハナシは全く違うが、てんこちゃんは自分の年金についても心配になった。てんこちゃんが働き始めた頃から、年金も電子入力されるようになった。社会保険事務所の職員が手入力で個人の年金の支払い期間などを入力するという。当然人間なのだから入力ミスが出る。氏名の打ち間違えや数字の間違いなどあるらしい。

なので、ちゃんと年金が満額出るはずなのに、入力ミスで数年年金未納期間アリで当然もらえるはずの年金がもらえないという人が続出した。調べてみたら、入力ミスが原因だったというのである。

ってことを知ったので、てんこちゃんもこれまで10数年間はOL生活して納めてきた年金があるので、ちゃんと正しく入っているか年金相談窓口で確認した。一応大丈夫であった。

転職が多い人は確認しておいたほうがヨイと思う。

しかし、てんこちゃんが年金もらう年代になった時、ちゃんと年金がもらえるかどうかはアヤシイと多くの人が思っているだろうネ。

|

« ニョキニョキ | トップページ | まぎれていた »

コメント

 税金のお話,そのとおりです。税務署では払いすぎてもかえしますよとはいいません。確かに,あまりにも多くの人を相手にしているのだから,やむを得ないのですが,いまだと,国税庁のホームページで確定申告についての計算シートがあるので,やってみたらよいと思います。今年は,所得税は少ないのだけど,6月以降住民税が多くなるから注意が必要です。本当に,こんなにと思うはずです。
 農協の話,よく聞く話ですよね。てん夫さんは賢明なのかもしれません。私の妹は,100万円束を数えたら1枚足りなかったとか,いっていましたっけ。まあ,銀行,郵便局でもあることかもしれませんが。

投稿: 三次 | 2007年3月 6日 (火) 06時30分

三次さま

今度は住民税ですか?!
一家の家計をあずかるものとしては、要注意ですね。

1円を笑うものは1円に泣く
byてん語録(ケチケチてんこちゃん)

人間誰しも間違いはあるもの。でも、間違ったときの姿勢が問題ですよね。


投稿: てんこちゃん | 2007年3月 8日 (木) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニョキニョキ | トップページ | まぎれていた »