« 最近の傾向 | トップページ | ニョキニョキ »

2007年3月 4日 (日)

書店の思惑

Suzan_3

盛岡のとある書店で近々、てんこちゃんが入れ込んでいるテレビ番組「あいのり」に出ていた元メンバースーザンの画集の発売とサイン会が行われる。

「あいのり」メンバー=テレビに出た人=どんな人か実際見てみたい・・・という気持ちもあり、せっかく盛岡に来るなら行ってみたいものだ。

と思いつつ、書店に既に出ている画集をパラパラ見たら、てんこちゃんの趣味にはちょっと合わない画風だった。一緒に旅をしたメンバーは癒されて好きだとか、ゼッタイいいので画集を買わなくてもぜひ見て欲しいとブログにコメントがでている。

「あいのり」に出ていたときもスーザンの旅中の絵が時々テレビに出たが、てんこちゃんには、どうもグロッぽい画風でなじめなかった。

好みの問題である。

絵本でもてんこちゃんは若い頃は好きな画風でも今はどうも受け付けなくなったとか、自分の体力体調その時のパワーによって安らぐ場合と疲れる場合がある。今のてんこちゃんにとって、スーザンの絵は今一つココロを動かされない。

ブログをチェックしてみると、全国各地の書店をサイン会めぐりしている。スケジュールを見るとほとんど毎日移動。画廊で行うよりも人が集まりやすいとは思うが、書店でのサイン会って画集を買って欲しいだけという感じがミエミエでスーザンが気の毒に思える。スーザンは空手の有段者だし、若いから体力もある。毎日全国移動も今は苦じゃないかもしれない。でも、オトナの思惑にノセラレテイル感じ。

勿論地方に住んでいる者にすれば来てくれるのはタイヘンありがたい。でも書店に絵の原画を飾るスペースなんてそんなにあるわけではなさそうだし、毎日移動なら、原画も移動。原画が痛んでしまいそう。てんこちゃんもせっかく来るなら出来れば画集よりも原画をじっくり見たい。原画に感動し画集を買おうという気になるかもしれない。

というか、展覧会に行けば必ず、てんこちゃんは画集や図録は買ってしまう。

ちなみに、映画も行くと、つい薄くて高いのに、パンフレットも買ってしまう。(映画は滅多に行かないので、パンフレットもそんなに買うわけではないケド)

出版業界もかなり厳しいとはいうケド、てんこちゃんは、これでもかなり書店サンには貢献しているほうだ。大体、生活費を他は切り詰めても本代だけは湯水のように使ってしまう。なので、本屋のたくさん売りたい気持ちも分らないわけではないけど、ナントナークこんな商売の仕方は悲しくなっちゃう。

あいのりは若い子が主に見ている(たぶんネ)番組なので、サイン会に並ぶにも、オバサンてんこちゃんには勇気がいる。とりあえず行って見て、偶然を装って並んでみようかナ・・・

って割りに、数時間も前から並んでいたらやっぱりヘン?!

|

« 最近の傾向 | トップページ | ニョキニョキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近の傾向 | トップページ | ニョキニョキ »