« まぎれていた | トップページ | 選挙年 »

2007年3月 8日 (木)

ナゾ深まる

Posuto_1

ここ数日、てん家でフシギ現象が起きている。

って云う事すら、てんこちゃんは気づかなかったが、てん夫が言い出した。

てんこちゃんが朝起きて玄関出ると、既に新聞がポストに入っている。

これって、新聞を取っているご家庭ではフツーかもしれないが、てん家は違う。

てん家では新聞を1キロ先の集合ポストまで取りに行かなければいけない。おんずさんが生きていた頃は朝一番に必ず新聞を取りに行ってくれていた。おんずさんがいない今は、いつだり、てんこちゃんが取りに行く。

夏休み、冬休みなどはてん息のお手伝いの仕事となる。

今は農閑期なので、おんばさんが取りに行くことがあれば、てん夫がたまーにガウガウ犬ピコを連れ散歩がてら取りに行く。

てん息が登校するとき、玄関まで見送るのは大体早い時で7時すぎ。10日位前から既にポストに新聞が入っていた。

てんこちゃんは、「おんばさん、随分早くから新聞取りに行ってくれたのネ。あいかわらず達者だ。」と思っていたのだが、てん夫のハナシによると早朝5時頃、軽自動車がブーンと来て新聞を置いていくという。

誰かはわからない。近所の人が気の毒がって自分のおうちの新聞を取りにいくついでにてん家のおうちに届けているのか?

一体誰だろう?とてん夫はいうが、そんなに奇特な人がてんこちゃんの御近所にいるとは思いにくい。

新聞屋さんが、心を入れ替えてサービスしてくれてるんじゃないかとてんこちゃんは思っているのだが、ホントに一体誰でしょう?

確かめようにも、早朝5時。ちょっと早起きつらくて、誰が来たか見届けることができないてんこちゃんなのだ。

てん家のポストはてんこちゃんがペイントした青色が目印!!

|

« まぎれていた | トップページ | 選挙年 »

コメント

新聞販売店さんでしょう。
購読する家庭がどんどん減って、新聞やさんも必死です。
以前は大学の寮生は一人一紙はとってくれていたのだそうですが
その学生がまずとらなくなった・・・と新聞屋さんが嘆いていたのは
5年ぐらい前です。
で、その後、実は我が家もとらなくなったし、ネット好きの友人も
とってません。
さあ、これから新聞はどのように生き残るか・・瀬戸際だと思います。

投稿: まりーANKO | 2007年3月 8日 (木) 11時21分

ANKO先生

やっと判明しました!!
てんこちゃんも販売店さんだとばかり思ってましたが、
近所(っていっても2キロ先)のおじさんが請け負ったそうです。
なので、購読料が上がるかも、とおんばさんが言ってますだ。

そんなに新聞の購読減っているんですか~。さすが都会ですねぇ。
うちは、野菜包んだり、薪ストーブの火付けとか、いろいろ用途があるので当面は利用価値大ですだ。

Oさん、おととい研修会でお会いしましたが、ANKO先生お疲れの御様子だと聞きましたヨ。お体御自愛下さいませ。

投稿: てんこちゃん | 2007年3月 9日 (金) 01時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まぎれていた | トップページ | 選挙年 »