« 損して得 | トップページ | 子知らず »

2007年4月10日 (火)

感慨

Hatutouko_1

てん息も小学校6年生に無事進級した。年度が変われば自動的に進級するわけだが、なんだか感慨深い。1つ上の学年が卒業し中学生となり、あんなに小さかったわらし達がもう中学生・・・なんてよその子を見ると成長を感じる。

きっとこの1年間もあっという間に過ぎ、てん息も来年は中学生となり学制服着るようになるのか。と、小学校生活を早くも振り返るてんこちゃんだった。

入学式の時、てん息はひとりモジモジ落ち着き無く、父兄席の後ろをみたり、よその子ども達がまっすぐ前をみてきちんと座っているにもかかわらず、やたらと目立ち名前を呼ばれても返事もせず、親を落胆させた。後に「入学式のこと」という作文で、「とても不安でおかあさんのほうをみたりしました。」等と書いていたところを見ると、子どもなりに全く知らない世界に飛び込み不安であったのか。と行動にもそれなりの理由があったのであると知り、行儀が悪くて情けないと思いワルカッタ。と反省した。

1年生も何ヶ月か経ち、学校にも慣れてきた頃、てん息が「5年生にいじめられた。」と訴えた。てんこちゃんは担任の先生に連絡帳でそのように訴えているということを書いた。

5年生の担任の先生は朝の会で1年生をいじめたかどうか聞いたら、あっさり、皆いじめましたと認めたという。

よくよく事情を聞くと、実は、てん息が5年生にかなり粗暴な行動をしており、男子だけじゃなく女子もその被害に遭っている。なので、5年生も腹にすえかねていじめたらしい。

それでも下級生をいじめるのはよくない。しかし、兄弟喧嘩して弟や妹が悪くても歳が上だというでけで、親に怒られる、などと話し合いが朝の会だけでは終わりそうに無く、時限を変更して、「下級生から乱暴された時、上級生はどうするか」という議題となり話し合いが行われたという。

てん息も悪いが5年生も話合いを行い、下級生はまだ判断出来ないこともあるから上級生として悪いところは直すように言い、いじめたことに関しては謝ったという。

という顛末が、5年生の学級通信に載りてんこちゃんも事の次第を知った。

5年生の道徳の教材になってしまうてん息って一体・・・とてんこちゃんもイヤハヤと思ってしまったのだった。

1年生の時の担任の先生は優しい中にもしっかり厳しく叱るべきところはする先生で、その後の小学校生活を左右する大事な学年であったが、問題行動大有りのてん息も学校に慣れ感謝している。

学級通信に小学校生活は203日と書かれていた。あと203日・・・。

|

« 損して得 | トップページ | 子知らず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 損して得 | トップページ | 子知らず »