« 願い事 | トップページ | 誰もついてこなくなった(タメイキ) »

2007年7月 8日 (日)

ゾワゾワする

夕方、おんばさんが、「背中が痛い」だか、「痒い」だかわからんが、「ちょっと見てケロ。」と言ってきた。

おんばさんは農作業着をたぐって背中を見せるが、なんだか服の影になって暗くてよく見えない。懐中電灯で照らしてみた。したらば、おんばさんの腰と背中の中間、ど真ん中辺りにポチっとまんまるいジュズダマのようなものがついている。

てんこちゃんは、その光景を今、見たまま描写しようとしてるのだが、キータッチしながらも、またまた思い出しゾワゾワしてきた。

ここまでくると、読者のみなさんは御想像してしまったかもしれないけど、その御想像通りかわからんが、ジュズダマのようなものを見た瞬間、てんこちゃんは、これはダニが血を吸ってふくらんでいる!!と直感した。

それで、さすがに素手で取るのは嫌なので、ティッシュを何枚も重ねて膨らんでいる豆のようなものをつかんでおんばさんの背中の皮膚から引っ剥がした。するとティッシュにくるまった、豆のような物体の裏側から、カニのように足がウニャウニャと動き、小さなカブトムシのお口のようなものが動いているのが見えた。ダニの顔だ。

てんこちゃんは、見た瞬間またしても心の中でギャーと声を上げ、ゾワゾワ両腕から背中にかけて鳥肌が立った。これは、ウルトラマンに出てくるどんな怪獣よりもコワイ、キモイ、イヤダと思った。

てんこちゃんも虫には慣れたとはいえ、ダニを見るのは初めてである。(それもダニの顔のドアップだ)

おんばさんの皮膚には無理やり引っぺがした為に、まだダニのキバのようなものが残っている。又、咬まれた跡の皮膚がポチっと膨らんでいる。どうしたものかと思ったが、とりあえず手持ちの化膿止め軟膏を塗り、絆創膏を貼った。

おんばさんによると、1週間位前から、ずっと痒くて痒くて掻いても掻いてもずっと直らず、だんだん痛くなってきたという。

てんこちゃんは「こりゃ、絶対ダニだと思う。」と言ったらば、「きっとワラビ取りに行った時に刺されたのだ。」と言った。

一週間もダニを背中にしょっていた、おんばさんって一体・・・。

日中、義姉さんに見てもらったというが腫れているとしか言われなかったという。

お義姉さんはダニだと気付かなかったみたい。

ダニと思わなくても、膨らんでいるオマメのようなものをフツー取るデショウ。お義姉さんったら一体何を見たのであるか。

ティッシュで捕獲したダニはビニール袋に入れとりあえず保管した。なぜなら、病院に行くとき医師に見せたほうがよいと思ったからだ。

最近は聞かないけど、ツツガムシに刺され死亡とか過去によくあったのだ。

おんばさんも、ダニに刺されヘタすれば、重体になっちゃうことだってあるかもしれない。

おんばさんの皮膚には、まだダニのキバも残っている。

容態が急変して、病院に行かなければならないかもしれない。

と、思ったので一応ダニ保管。

1日経ったが、何も起こらず相変わらず元気に農作業に精を出している。

おんばさんには、ダニなど、なんともないみたい。

ひえぇーと思っているのは、ダニを発見し、捕獲したてんこちゃんだけみたいである。

てんこちゃんがゾワゾワしたダニをぜひ御披露したいところだけど、今回は画像ナシ。

見たい?

カンベンしてー!!

|

« 願い事 | トップページ | 誰もついてこなくなった(タメイキ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 願い事 | トップページ | 誰もついてこなくなった(タメイキ) »