« ハリーと会う | トップページ | 呆れる・・・ある意味納得 »

2007年8月21日 (火)

とうもろこし畑の攻防

Kimi_2 てんこちゃんのおうちは今トウモロコシ農家でございます。夏野菜やスイカも出ているが、今イチバン目が離せないのがトウモロコシ畑である。

夜な夜な、タヌキが出没し、旬のトウモロコシを食べに来る。ヒトが食べる前に収穫寸前のものがタヌキの害に遭うので腹立たしい。

毎夜、ロケット花火をパンッパンと景気よく打ち上げる。焚き火、罠、針金などいろいろ試したが、今はこれが一番有効な手立てのようだ。

ロケット花火は3年前に購入したもの。花火は買ったその年のうちに使ったほうがよいと思うが、大量に買ったので余ってしまった。かといって、ゴミに出すのもどうかと思いながらそのままになってしまったものを、てん夫が使っていた。使ったら、特に遜色ないようであった。

ロケット花火は名の通りロケットのように火をつけると、勢いよく空に向かって打ちあがる。結構コワイ。

てん夫は、てん息を花火付け役にしたようである。

ロケット花火は危ないので、てんこちゃんは、子供にさせるのはどーかと思うが、てん夫が見ているので、ま、いっかと思って見守っていた。

とある日、てん息は「花火、目に点いた!」と言って、慌てて家に飛び込んできた。洗面所で顔を冷やしている。

てんこちゃんは目にあたったかと思い、動転したが、運よくそれて目の下のクマが出来るところに当たったらしい。それもロケット花火が当たったかと思ったら、火花が散った様子。

ロケット花火が顔に当たったりしたら、それこそ仰天である。

てんこちゃんは「危ないからさせないほーがよいんじゃないか。」とてん夫に言ったが、小さなケガこそ大きな事故をよける。とてん夫は意に介さないのであーる。こっちのほうがヒヤヒヤする。

というような犠牲を払いつつ、今のところ、タヌキの被害は大丈夫らしい。

|

« ハリーと会う | トップページ | 呆れる・・・ある意味納得 »

コメント

花火、目に当たらなくてよかったですね。
それにしても、てんこちゃんのダンナ様って大きい方ですね~。

ウチの実家も今とうもろこし出荷しています。
多い日には300箱出荷することも。
ウチはタヌキではなくカラスにつつかれてしまうため
カラスぼいの為に爆竹を鳴らします。
ロケット花火よりいっぱい鳴りますよ♪
そういえば、今年はカラス来ていないような。
どこかにおいしいエサでも見つけたのかしらん。

投稿: まろん | 2007年8月21日 (火) 16時42分

まろんさま

300箱ですか。
それはスゴイ!!
今の時期はさぞかしお忙しいことでしょう。

そうそう、爆竹もヨイかもしれませんね。
ロケット花火が無くなったら爆竹にしてみよう。

投稿: てんこちゃん | 2007年8月21日 (火) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハリーと会う | トップページ | 呆れる・・・ある意味納得 »