« 都の風 | トップページ | また都の風 »

2007年10月 2日 (火)

たまにはやさしいオンバサン

てんこちゃんのキッチンの流しは窓際に面している。毎度、食器の洗い物をする時に窓から畑の様子がちょっとだけ垣間見られる。

ビニールハウスが主に見える。今の時期ハウスにビニールは張っていないのでパイプだけが組みあがっている。

そのパイプの一部に、なぜだか、朝顔が巻きつき、いっぱい花が咲いていて、窓から見えるのですね。

なんで、畑に朝顔なのだろう・・・。オンバサンも間違って種蒔いたのかネ。ハウスのパイプの上のほうにコンモリとそこだけ朝顔が咲いているものだから結構目立っている。てんこちゃんは不思議だった。ブルーの朝顔がいっぱい綺麗に咲いている。

やっぱり、朝顔はブルーが好きだ。ツユクサのような青い色で、台所仕事の合間を楽しませてくれていた。

てんこちゃんは、オンバサンがあいかわらずお間違いして種を蒔いたと思ったが、てん夫のハナシでは、台所からきっと朝顔の花が見えるだろう・・・という気遣いなのであるという。

てん夫のハナシを聞いて、オンバサンもたまにはやさしいところがあるではないか。と、オンバサンにおとらず口の悪いてんこちゃんは思った。

先日の啄木マラソンで、てん家は野菜類を出店したが、その時、てんこちゃんのお友達も訪れた。

てんこちゃんは、お客さんの相手で忙しく気付かなかったが、オンバサンともご挨拶をしたようだった。

で、様子から、このオンバサンは元気でキカナイオンバサンだと見抜いたらしい。

お友達は介護の仕事をしているので老人といっぱい接しているのだ。

後日、お友達と、元気なオンバサンだという意見で一致した。

というわけなので、たまにはこんなこともあるのだ・・・とオンバサンを見直すこともある。Asagao_2

ちょっと見にくいかな。(朝顔デス)

|

« 都の風 | トップページ | また都の風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 都の風 | トップページ | また都の風 »