« 石好き | トップページ | 白龍のじゃじゃ麺 »

2008年3月18日 (火)

お嫁サンバ

てんこちゃんは、義母のことをオンバサンと呼ぶ。既に他界してしまったが、義父のことはオンズサンと呼んでいた。

てん夫にはふたりのお姉さまがいるので、ふたりの前でオンバサンなんて嫁が呼んでいたら、実の子としては、あまりよい気分ではないかもしれない。ちなみに、ふたりのお姉さまのことは、名前で○○さんと呼んでいる。

結婚前は舅姑のことを、オンズサン、オンバサンとは呼ばずに、お母様、お父様とは呼ばなかったがそれなりに、おとうさん、おかあさんと呼んでいた。しかし、孫が生まれ、てんこちゃんも母となり、混同しちゃうので、オンズサン、オンバサンと呼ぶようになってきた。これはある程度年数が経ち、ちょっとばかりズーズーしくなったからという理由もある。しかし、てんこちゃんが現在住むこの辺では当たり前のようだす。

近所の高齢の方々もオンズサン、オンバサンと呼ぶ。ちなみに、てん夫は、子どもの頃、自分の父親、母親を「とっちゃ」「かっちゃ」と呼んでいたという。お嫁さんのことを、この辺では、若い「かっちゃ」と呼ぶので、聞いたときは、いかにも田舎だ!と思った。

盛岡ですらそんな呼び方聞いたこと無い。

そして、てんこちゃんもそう呼ばれているのだと思うと、あまりよい気がしなかった。

しかし、だんだん慣れてきて、オンズサン、オンバサンに限らず、この辺の言葉も大分覚え、慣れちゃって、自分でもよく使っておりまする。

|

« 石好き | トップページ | 白龍のじゃじゃ麺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石好き | トップページ | 白龍のじゃじゃ麺 »