« 蜘蛛の糸 | トップページ | 煎餅 »

2008年9月 5日 (金)

とうもろこし

てん家では、いつも、お盆を過ぎたころから、とうもろこしの季節となる。

今年もそうだったが、最初に採れたとうもろこしは新しい品種にしたようで、実が大きくない。大きさは普通だけれど、実の大きさが普通のよりも小粒で薄皮もやわらかくて、ちょっと見は、採り頃が早かったかナ?と勘違いするような感じですのだ。けれども、味は甘くておいしい。

てん妹に言わせると、実を一粒ずつポロリポロリと採って食べたいから、このような、やわなとうもろこしは嫌だ。

と、せっかく持って行ったのに文句をいう。困ったものだ。

とは言いつつ、消費者代表の意見として、てんこちゃんも、出来ればいつもの品種のほうがいいな、と思った。

9月になり、だんだん身のしまったとうもろこしが出来てきた。

とうもろこし大好きという親戚や、毎年押し売りしている友人知人元上司にまとめて、今日とうもろこしを発送した。

しかし、ちょっと気になることが・・・。

てんこちゃんのおうちでもとうもろこしを煮てみた。

すると、何本かから、芋虫が出てきた。いつもなら、9月下旬位からムシ確率が大きいのだが、今年は早いようだ。

ムシ嫌いの人は見ただけで、食べる気がうせてしまうかもしれない。

最近はやっと、てんこちゃんも見慣れたが、街に住んでいる人には、苦手に思うかもしれない。だから、どーか、てんこちゃんが発送した、とうもろこしにはムシが入ってないことを祈るばかりであーる。

|

« 蜘蛛の糸 | トップページ | 煎餅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蜘蛛の糸 | トップページ | 煎餅 »