« ベスト8 | トップページ | 証拠隠滅 »

2009年8月21日 (金)

資源回収

花巻東、今回もやってくれましたねー。試合見ていなかったけど、勝ってウソのよーだ。にしても、菊池クン、背中の痛みが心配じゃー。連投してたし、疲れがマックスに達する頃。一日、十分休養して欲しいものだす。

ところで、明日、中学校の資源回収がある。で、前日の今日、公民館脇のプレハブ小屋に一年間回収した新聞紙、空き缶、一升瓶、ビール瓶を小学校に持っていく作業をした。

てん息はいとこのにーちゃん、ねーちゃんからお下がりでもらったサンデー、マガジン、ジャンプが山のようにたまっている。その雑誌類も今回一緒に出してしまおうと、てん息をせっついて2階の部屋から雑誌を持ってこさせようとした。しかし、てん息はジャンプだけ選んで持ってきた。ホンとは、全部の雑誌を出したかったんだけど。部屋が雑誌で埋まりそうなのだからして。ジャンプはてんこちゃんも見たいんだが。

そうして、今回の資源回収でてんこちゃんは、一年間気にかかって仕方の無いことが、ようやく無くなる。

それは、てんこちゃんが、一年間、保管していた、立て看板だ。「ビール瓶」「一升瓶」「アルミ缶」「新聞紙」と四本の立て看板をてん家で保管していた。

それは一年前の資源回収にさかのぼることなんだけれど、当時、てんこちゃんは、資源回収の担当の環境部だった。集まった大量の資源を業者が回収して、サー終わった!終わった!とホットしたのもつかの間、ある、お母さんから、立て看板を保管して欲しいと言われた。それは、3地区の輪番制となっていて、ちょうど、てんこちゃんの地区がその当番に当たるというのだ。

立て看板は木製のお手製で、組み立て式の頑丈にできていたが、よく見ると文字の部分が発泡スチロール製で、何度も使用してるうちにボロボロになって、木の棒部分から取れかかっていた。それを、ガレージで保管していたのだが、てん家のガレージは農作業置き場と化して、ごちゃごちゃになっている。

1年前の資源回収が終わったとき、てんこちゃんは、疲れて、その立て看板をガレージの適当なところにほかっておいた。で、しばらく経ってから、よくよく、考えてみると、うちには、農作業用のいろんなものがしまってあり、ヘタすると、おんばさんがどっかへやってしまうかもしれない、という心配が込み上げて来た。しかし、どこへしまったか、てんこちゃんもわからないまま、一年間経ってしまった。ちゃんと、次の年に引き渡さなければならないのに、てん家でどっかへいったりしたらタイヘンだ。という心配をかかえて、ずーっとモヤモヤしていたのだった。

てんこちゃんは、どこに看板が保管されているかもわからなくなっていたので、てん夫に看板!看板!と騒いでいた。てん夫は、今日は泊まり勤務でいないから、木曜日のうちに釘をさしておいた。で、庭に看板が出ておりますた。ちょっとボロくなった看板4本を小学校に置きに行き、今年の環境部さんに申し送りして、てんこちゃんの肩の荷がやっとホッと降りましたのだ。

|

« ベスト8 | トップページ | 証拠隠滅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベスト8 | トップページ | 証拠隠滅 »