« クリームシチュー | トップページ | 紅葉 »

2009年10月19日 (月)

インフルエンザ

先週、てん息の中学校はインフルエンザで休校だったが、てん息はインフルエンザになることもなく、家で、稲刈りのバイトにいそしみ、ゲームとアニメに集中して過ごした。

休校明けの今日、てん息はいつものように登校した。

しかし、昼過ぎになって、担任から電話が来た。てん息が熱が37度あるという。なので、迎えに来て病院に連れて行って欲しいという。仕方なく、てんこちゃんは学校に迎えに行き、とにかく家に連れて帰り様子を見ることにした。で、夕方、病院に行き、受付で熱のあることを告げると、病院の裏口から院長先生の和室に通された。インフルエンザの患者はこの部屋に隔離されるようだった。

10畳ほどの広い立派な和室で、看護婦さんの問診を受け、インフルエンザかどうか検査した。待つこと15分、結果は陰性だった。しかし、翌日37度だったら学校休むように言われた。

中学校も疑わしきはとっとと家に帰す方針らしい。

インフルエンザもほとんどのヒトは軽症で済んでいるけれど、ごくたまに重症化して、運の悪いことに、亡くなっている方々もいる。そこのところの差は一体なんなのか。持病がある人が重症化し易いというけど、てんこちゃんも持病があるから、あなどれない。

病院から帰ってすぐまた、担任から電話があり、同じバスケ部の子がインフルエンザで休んでいると伝えられた。

てん息の症状は今のところ、ただの風邪なのだけど、薬ももらったし、ゴハンを食べたら早めに休ませることにした。インフルエンザになっちゃうと、今週はずっと休みになるし、てんこちゃんも用足しが出来ない。週末には学園祭も控えている。なので、ただの風邪じゃないと困る。

|

« クリームシチュー | トップページ | 紅葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリームシチュー | トップページ | 紅葉 »