« 向井理クン | トップページ | クリームシチュー »

2009年10月17日 (土)

リリー・フランキー

「ぐるりのこと。」のDVD見た。

主演女優の木村多江は、この映画で日本アカデミー賞主演女優賞を取っている。てんこちゃんは以前から木村多江は好きだったけど、綺麗で実力があるのに幸薄い役ばっかりで、脇役が多くてずっと日の目を見なかったから、この映画で賞を取って注目され、うれしく思う。本人は幸薄い女優を極めるのは光栄と言っているけど。

で、夫役がリリー・フランキーさんだが、この方はイラストレーターや作家とかおでんくんの絵本とかやっているヒトなのでこの映画が本格的な演技らしい。しかし、いい感じだった。っていうか、素のリリー・フランキーさんがこんな感じのヒトのようで、実生活かなと思わせちゃう。演技とは思えない。

リリー・フランキーさんの本「東京タワー」はドラマや映画になったけど、原作が一番ヨイとてんこちゃんは思う。本の装丁や紙の質にまでこだわったと自身が述べているが、本の隅々まで、リリーさんのこだわりが感じられ内容は勿論、本としてもよかった。リリーさんのお母さんに対する思い入れの強さがすごく感じられた本だった。

リリーさんの著作はあんまり読んだことが無いけど、下半身のハナシが多いように思える。このヒトは下半身のことばっか、考えているのか?(ま、男子は皆そういう生き物であると思うが)というか、下半身のハナシを、臆面も無く語っているところが逆にすがすがしいワ。

一見なよなよしていて、つかみどころが無く、マッチョと間逆で、痩せているのにお腹だけ出ていて、顔もてんこちゃんの好みじゃないのだけど、色気もあり、ギラギラしてなくて、なんだか好きだ。40代部門カッコイイ男子勝手にランキング5位以内に入りまする。

全く、関係ないけど、「ぐるりのこと。」のエンディングで前沢高校と金ヶ崎高校美術部が協力で名前が出ていたのだけど、どこで、出ていたんだろう。と思ったてんこちゃんでありまする。これから見る人はここも注目してねん。

|

« 向井理クン | トップページ | クリームシチュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 向井理クン | トップページ | クリームシチュー »