« 創業60周年 | トップページ | 怒りの電話 »

2009年11月21日 (土)

JAF

今朝、カーテン開けて外を見たら驚いた。雪・雪・雪~!!しかも、まだまだ降っている。

今日から、シンガポールの中学生たちがホームステイで来るので、南国の子どもたちには、新鮮に映ったことでせう。でも、寒さに震えているか。

てんこちゃんのうちでも、受け入れていたら、焼き走り溶岩流を見せたり、県立博物館の武者の甲冑体験や南部曲がりや等を見せたことだが、残念であーる。

てんこちゃんは、今日は、JA女性部のつどいが姫神ホールで一日あったので、それに出かけた。

しかーし、アクシデントが起きた。

てんこちゃんのおうちから1キロのところの下り坂で、雪にハンドルとられて、土手に落ちた。そんなにスピード出してなくて、ブレーキ軽く踏んだだけなのに、あれよあれよと滑り、すっかり右側に落ちてしまった。てんこちゃんは、運転席で斜めになった。タイヤ交換したばかりというのに、さほどスピードも出てないのに夏タイヤのように滑っていったので、青天のヘキレキであーる。

ケータイでSOSしようとしたが、こんな時に限って電源切れだ。

家の近くだと、そのまま置きっぱなしにして、てん夫にトラクターで引き上げてもらう。しかし、あたりに家もなく、ただただ、畑と原野の道。仕方が無いので助手席から抜け出し、ポクポク家まで歩いた。ううぅ、今年初めてじゃないだろか。こんなに歩くのは。

車サンは路肩に落ちたまま乗り捨ての格好となりますた。

ヘロヘロになりつつ、家に着き馴染みのS駐在所に電話した。そうしたら、転送されて、東警察署に繋がった。駐在所はお休みなそうで。駐在は年中無休じゃないのかー!!。困ったときの駐在サンデショウ。

で、警察でJAFの番号を聞いて、JAFに救助要請した。岩手地区は混んでいて1時間半待ちなそうで。(涙)

JAFさん、「車種は?ナンバーは?」と聞いてくるのですけど、てんこちゃん、頭まっしろになっていたよーで、車種さえ答えられない。やっぱ、ショックだったのですね。

JAFさんは、状態を聞いて「料金は2万円くらいするかもしれません。」と言った。会員なってないんで~。いたしかたないデス。

昼過ぎ、JAF隊がやってきた。といっても一人だけども。車に乗せてもらい現場まで行き、車あげ作業を見守る。

JAFのオニーサンは背格好といい、顔立ちといい北村一樹、あるいは沢村一輝に似ている。などとてんこちゃんは思った。

意外と車通りが多く、通りすがりの車がちろっと様子を見てよけてゆくのですね。

後輪が側溝にはまってしまい、慎重に引っ張り上げていきまする。最後はてんこちゃんも乗車して、ハンドル、ブレーキ操作しながら、ようやく車が道に上がりますた。

しかーし、後輪のタイヤとホイールの間に側溝のコンクリートがめり込んで、タイヤがパンクしたらしい、とJAFのオニーサンは言う。で、いつも車をぶつけたり、かすったりすると直してもらう近所の板金屋サンに車を持って行った。

板金屋サンは、タイヤ交換やもろもろのお客さんでいっぱいで、いつものおじさんもなんだか荒々しい。車はそのまま板金屋さんに置くことになった。この分ではすぐには、見てくれそーも無い。

JAFサンにおうちまで送ってもらって、料金を支払いますた。思ったよりかからなかったけど、「会員料をサービスしますよ。」というので、会員になりますた。しかし、この車、冬は二度と乗りたくないよ!

以前、友達が遠距離恋愛中の彼氏と喧嘩して、高速のパーキングで落ち合うことになった。その時、彼氏は頭に来ていたのか、車のキーをつけたまま、ロックしてしまった。そこで、JAFを呼んで、ドアを開けてもらい、そのときの料金が5千円で、その場で会員になることにして5千円払い、計1万円支出した。というようなことを言っていたことを思い出した。それが、かなり前のことなので、そう考えると作業時間といい今回の支出はそう痛くないか、と思えたりして。

てん夫が仕事から帰ってきて、板金屋さんでも引っ張る車あるから、頼めばそうかからなかったのに。と言われますた。しかし、困った時のJAF頼みでございます!!

|

« 創業60周年 | トップページ | 怒りの電話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 創業60周年 | トップページ | 怒りの電話 »