« 事故処理 | トップページ | ギネ »

2009年11月25日 (水)

十一月展の初日

今日は、とってもよい天気。お出かけ日和でしたね~。岩手山がキレイでした。

てんこちゃんは、水曜日だから映画レディスデー1000円で「THIIS IS IT」を見に行こうかなぁと思った。

マイケル・ジャクソンに興味は無いけど、松重豊が見て、自分に突き刺さると言い、てんこちゃんが知っているマネージャーやっていた人が、舞台の裏方やってた身としてはスゴクヨカッタと言っておりまして、周りの反応がスゴク好い。今週で終わりだから、行くなら今日しかないなぁ・・・。でも、事故った身に盛岡は遠いなぁ。

ということで、天気のよいうちに、十一月展の初日に行ってまいりますた。クルマで10分たらずで着いちゃうし。

雪が降ったらアウトですもんね。

てんこちゃんはOPEN11時ジャストに行ったつもりだったが、着いたら、裕子母さんにバッタリ会って、「もういっぱい人来てるよぉ~。パンもたくさん売れてるよー。」と言われたので、あせった。

すでに、店内は人・人・人であーる。

まずは、tuk-tukさんのパンをゲットせねばー。しかし、お目当ての洋ナシデニッシュは一歩遅く、売れた直前だった。悲しい。で、アップルパン、バジルパン、ポテトパンなどなどを買い、取り置きしてもらった。

今日と明日は、道又繁子さんの懐工房展をしている。懐工房はてんこちゃんは、いつもフトコロ工房と読んでしまうが、ナツカシ工房でございます。すごくお洒落なプレートやカップ、遊び心満点のオブジェが並んでいた。懐かしむといゆうより、モダンなデザインだとてんこちゃんは思ふ。

ユウコさんのリースもカワイイ。今回はA.O.さんのハギレもまとまって売っていて何か作ってみたくなる。

おっ!!いいな!!とてんこちゃんが目を付けたものは、皆、次々売れていく。

てんこちゃんは、ココロの中で「あー!!」と声を出していた。目は付けれど、手を付けぬ間にどんどん人に取られてゆくー。さすが、十一月展だ。まだ、OPEN1時間ダヨ。

盛岡タイムズの女性記者さんが取材に来ていた。なぜわかったかとゆうと、岩井沢邸で手仕事逸品の会があった時も取材していたからだ。

今回は赤ちゃん連れのママが多く目についた。しかし、お洒落なママさんばかりであーる。

嗚呼、てん息もあのような時代があった。しかし、連れていたてんこちゃんは、全くお洒落じゃなかった。てん息をオンブして、ママコートを着て大きなママーズバッグを片手に持ち、メイクもせず髪の毛をひとつに束ねて自分の服なんて二の次だ。

しかし、今のママたちは違う。髪染めて、普通にお洒落なコート着て、スリングで赤ちゃんを抱っこして、小さなバッグでお買い物だ。なんという違いだろう・・・。覚醒の感がありまする。

お隣の長内工房にいる裕子母さんを訪ねた。

裕子母さんによると、OPEN15分前には既にお客さんがいたということだった。

てんこちゃんの今回の本命は27日のくじあさこさんのフェルト展だけど、くじさんのマフラーは人気があるから、この分では、最初から相当混みそうだ。10時半には来ていないと入れないかもねー。というハナシだった。

長内工房で、長内努氏の書籍「美術屋の道具箱」を買う。(岩手日報日曜版で連載されていたコラムデス)ここだったら、サイン本が手に入るだろうと狙っていましたのだ。長内さんの似顔絵入りサイン本をゲットしますた。

十一月展は今日から六日間。毎日日替わりで作家さんの個展やワークショップがあり、毎日行っても飽きない構成になっている。その代わり、12月は無いので、今年最後のオープンだ。てんこちゃんも、又行きまする。

|

« 事故処理 | トップページ | ギネ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 事故処理 | トップページ | ギネ »