« 温泉でココロの洗濯(その1) | トップページ | 温泉でココロの洗濯(その3) »

2010年3月24日 (水)

温泉でココロの洗濯(その2)

で、肝心の温泉の話題についてまだ何も語っていないてんこちゃんでありました。

今時の温泉といえば、シャワー、ボディーソープ、シャンプーリンスがそろって当たり前。しかし秘湯といえば、ちゃんとそろっているかあやしい。てんこちゃんは、念の為石鹸類は持参していた。てん母が一足先に入ってきたので、どんな温泉か聞いてみた。

シャワー無し。ボディーソープ類はある。洗い場の蛇口は水しか出なくて、ぬるいお湯がこんこんと湧き出てお湯をためているところがあり、そこからお湯をくんでカラダなどを洗うしくみだという。

夕食は食堂でいただく。お膳の夕食。典型的な旅館のお膳でございマス。名物ホロホロ鳥の鍋焼き。イワナの塩焼き、ミズのコブ、お刺身。ふきのとうやウド、菜の花の天ぷら等でございました。

てんこちゃんがエビカニダメということを、あらかじめ、てん夫が予約する時言ったせいか、お膳ひとつだけエビが入っておりませんでした。変わりに、ナマコの切り身のようなものが入っていた。あの、正体不明の食べ物は一体なんだんだったんだろう・・・?コリコリした食感だったのだ。

食後に宿の女将らしいきれいな人がデザートを持ってきた。「自家製無農薬のかぼちゃを使ったデザートです。」と言ったので、てんこちゃんは、え!!こんな秘湯で、畑なんて見当たらないような所でかぼちゃを育てているの?と思い、思わず「こちらのどこで、かぼちゃ作っているのですか?」と口走ってしまった。失礼な発言ですね。てんこちゃんはよく失言しちゃうのだ。ちょっと離れた旧N町に畑があるのだとか。

食堂を跡にしたとき、ふと壁をみると、たくさんの色紙が張ってあった。一番新しいのは赤井英和。ご夫妻ツーショットの写真も飾っていた。新しいところでは勝村政信、柳沢慎吾の名前があった。ちょっと古いところでは夏八木勲まである。おぉ~!!すごーい!!(てんこちゃん、夏八木勲も好きですよん)

デザートも食べたら、満腹で動けなくなった。(つづく)

|

« 温泉でココロの洗濯(その1) | トップページ | 温泉でココロの洗濯(その3) »

コメント

こんにちわ~
そこの温泉、日帰りでよくいきます!
お湯はいいですよね~

投稿: Cuma | 2010年3月25日 (木) 06時23分

Cumaさま

日帰り入浴いいですねぇ~。
割と、近場ですよね。
四季折々に楽しめる温泉ですね。
仲良くなったおばちゃんによると、泊り客は不況の影響で少ないそうですよ。

投稿: てんこちゃん | 2010年3月27日 (土) 01時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 温泉でココロの洗濯(その1) | トップページ | 温泉でココロの洗濯(その3) »