« ちいさい おさかな | トップページ | 「空よりも高く」 »

2011年5月12日 (木)

猛者踊り

てんこちゃん、今日は、猛者踊りっていうのを見に、友人と盛岡に行って来ますた。

この猛者踊り、岩手県民、特に、盛岡市民ならば、誰もが知っている。

岩手県一の公立の進学校盛岡第一高校では、体育祭の前日に、宣伝を込めて、新入生が仮装して行列を作って、盛岡市内の沿道を練り歩く。

そして、盛岡駅前、岩手県庁、岩手公園の3か所で応援団がエールをし、仮装した新入生が踊りを踊る。

盛岡一高は、宮沢謙治や石川啄木ほかエライ人を輩出した、歴史ある高校なので、この仮装行列に出るってことは、親にとっては、かなりのステータスであるのだ。

てんこちゃんが、こどもの頃は土人踊りと言っていて、男子が、裸で真っ黒になって、腰みのをつけて、土人のカッコをして行進した。

それが、いつの頃からか、土人っていうのが、人種差別にあたる(ちびくろさんぼと一緒の感覚ですネ)っていうんで、存続の危機にあった。

で、いろいろ生徒たちも協議したようで、今では、男子は、カラダに青い絵具を塗った子と赤い絵具を塗って、腰ミノをつけて、長い棒を持つマサイ族みたいなカッコに落ち着いたようだ。その二通りの子たちが二列になり行列し、踊りを踊る。

また、いぜんは、男子だけだったけど、今は、女子も参加し、幼稚園児の格好をしてお遊戯を踊るってパターンのようだ。やっぱ、男女共同参画なのね。

なので、前は土人踊りって呼んで、盛岡市民に親しまれていたけど、今は「猛者踊り」って名前を変えて、存続しているみたいなのですネ。

てんこちゃんは、実は、モリオカンのくせに、一度も、この行列見たことない。

大概、平日にやっているし、てんこちゃんのいとこも、土人踊り時代に出たことがあるんだけど、てんこちゃんには縁のない行事なので、あんまり関心がなく、ニュースで見るくらいで、今日まで来てしまった。

そしたら、友人の子(てん息と同級生)が一高に入りまして、その子は、「俺は出たくネー。」と出ないんだけど、(1年生全員参加ではないらしい)友人がどんなものか見てみたいと言い、てんこちゃんも、この歳まで歴史ある行事を、見ないのもなんなので、友人と連れだって見に行ったワケだす。

てんこちゃん達は、一番見易そうな、岩手県庁で見ることにした。

ちなみに達増知事の息子も今年一高に入ったので、知事室から見ていたかも・・・(そんな場合ではないか)

てんこちゃんは、体力が無いので、前のほうで、ちょっと角になったところに座って見ていたら、右隣りのオジサンが、一眼レフのデジカメを持って待っていた。てんこちゃんは、「すごいカメラですね。」って言って、よもやま話をしていたら、「あのポールが邪魔なんだよ。」と言い、毎年来てるオジサンなのだナと思った。

で、左隣りのオジサンも一眼レフのカメラを持ち、てんこちゃんの右隣のオジサンとお知り合いのようで、てんこちゃんを挟んで、カメラ談義をしていた。

とかなんとか、待っている間に一高生の行列がやってきて、ほとんど、見物人は保護者のようで、ビデオを撮っていた。仮装した女子や女装した男子もいて、その子達は上級生のようだった。

まず、応援団が校歌を歌い、それから、男子の猛者踊りが始まった。次にスモッグをきて黄色い帽子を見に付けた女子がお遊戯を踊る。

これが盛岡で一番、頭のいい子達がやっていると思うと、ちょっと滑稽に見える。

親にとっては、これがステータスで、自慢なんだろうなぁ。

てんこちゃんには遠い世界のハナシだわ~。

踊りは20分ほどで終わり、上級生がゴミを拾って、ちゃんとお掃除をしていた。

最後に、応援団長が、「頑張ろう岩手」エールをし、てんこちゃんは、よくよく見たら、その応援団長は、結構イケメンだった。頭もよくて、イケメンなんてサー。と思わず、写真を撮ったりして。

あとで、友人に話したら、3人並んでいて、一番右の子がカッコ良かった、っていう。

てんこちゃんは、右の子には、全く目がいかなかったのよね。

そして、募金もしていたので、男子の踊りと女子の踊りを見せてもらったからそれぞれ100円ずつ、200円募金致しました。

|

« ちいさい おさかな | トップページ | 「空よりも高く」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちいさい おさかな | トップページ | 「空よりも高く」 »