« 愛子さま御入院 | トップページ | 純正品 »

2011年11月 3日 (木)

まとう展

11月って曇りがち、または、雨の日が多いのだすが、文化の日ってあんまり雨が降るということがありませんね。「ハレのトクイビ」ってところでせうか。

てんこちゃんは、文化の日らしく、くじさんとよねざわさんのまとう展に行ってまいりますたー。

展示会場は鉈屋町の大慈清水のお休み処。てんこちゃんは、以前から行ってみたい建物でゴザイマス。

町屋の通り。大慈清水の1軒お隣のおうちなんだけど、大慈清水とは、湧水の流れを利用して、階段状にため水になって流れ落ちるしくみ。上から流れる湧水を一段目は飲み水、二段目のため水は野菜を洗うところ、三段目はお茶碗洗い、4段目はお洗濯ものの洗い場。と、お水の汚れの状態によって用途が違う。おうちのように屋根がかかっていて水が汚れないよう雨が降っても大丈夫なように出来ている。

てんこちゃんは、この町屋の通りは、盛岡の藩制時代の建物が並んでいる通りで、好きだす。近くには十六羅漢があり、らかん公園というのもある。

てんこちゃんも、機会があるなら、この近辺にも住んでみたいものダ。こういう町並みはいつまでも残しておいて欲しいものだす~。

高校時代の後輩がこの町屋に住んでいて、遊びに行ったことがあるけど、かなり古い、木造建造物だった。お盆には、玄関の両脇に送り火というか迎え火というか、戦国武将の両脇に、たいまつを燃やすような格好の薪を燃やして先祖代々の供養をする風習があるようだった。たぶん、その後輩の家は、盛岡にしては代々由緒ある家柄と思われた。

その町屋も、だんだん、老朽化して立替えてこジャレタおうちが増えている。

けれど、街並み保存会という確か民間のNPOが保存活動をして、番屋も老朽化して市は取り壊しの方向に持って行こうとしたけど、保存運動をして、昔ながらの番屋の形で保存した。

いつも、てんこちゃんは、思うんだけど、盛岡市っていろんな歴史的な建造物もあるのに、なーんかバラバラで、観光資源として生かしてないナーと思う。やっぱ役人てバカ?!って思っちゃう。この町屋だって、とってもステキな観光資源なのに、NPOみたいな任意団体が活動して鉈屋町の町並みを残そうと尽力して、いろんなイベントをして集客している。こういう発想って、民間のヒトじゃないと出ないものかと、ついついボヤキ節が出ちゃう。

それで、盛岡の町屋って、実は、てんこちゃんは初めて入ったのだけど、1階と2階が吹き抜けになっていて、2階部分に神棚がある。坪庭もあって、すごく風情がある。盛岡にもこういう建物があるなんて~と感心した。

そこで、くじさんのマフラーやフェルト小物、よねざわさんのお洋服やバッグ。今日は、スミレノさんのお菓子の出店もあった。

てんこちゃんは、スミレノさんのロールケーキとカボチャプリンを食べ、満足した。

くじさんはマフラーをお買い上げのお客さんにオリジナルエコバッグに入れて渡してくれるんだけど、そのエコバッグの絵もカワイイ。

てんこちゃんは、マフラー展なのに、くじさんに、マフラーも買わずに、このエコバッグが欲しい!と失礼なことを言って困らせていた。くじさんゴメンナサイ。

あれから、教えてもらった、布製絵具を買いに、たまたま他の用件もあった、平金パステル館に行ったけど、絵具セットは思ったより高くて買えませなんだー。その代わり、バラで処分品となっていた、渋い色味ばかりの絵具を5ケだけ買った。あとはセンスの問題だす~。

というワケで、今日は、文化的な一日を過ごしたところで、最後まで読んでいただいてありがとうございますた。

|

« 愛子さま御入院 | トップページ | 純正品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛子さま御入院 | トップページ | 純正品 »