« あーちすと | トップページ | ウエス作り »

2017年5月13日 (土)

ダウントン・アビー

今日は、雨の一日でした。

お庭の花も、緑も際立って見えました。

今は、赤や黄色のチューリップ、紫のムスカリ、ピンクのサツキ、白のドウダンツツジが満開です。

 

ハナシは変わり、明日の深夜も、NHKの海外ドラマ「華麗なる英国貴族の館 ダウントン・アビー6」あります。

先週から始まりました。

明日2回目。

 

 第6シーズンに向けて、先だって、深夜第5シーズンをダダダーッと再放送してました。

ついつい途中から見てしまった。

 

てんこちゃんは、友人がはまっている、オススメと聞いて、第3シリーズ頃から見始めましたが、何せ、登場人物の顔が区別出来ず。

華麗な貴族の世界も金と欲望の世界。

使用人もしかり。

厳然な階級社会でありながら、中身はドロドロしていて、面白いと思えなかったものです。

なので、見るの止めました。

友人の目利きは信用していたけれど、こればかりは、どこが面白いんだか。と思ったものです。

が、再放送を見たら、やっと顔の見分けもついてきたし、ストーリーもついていけるようになりました。

 

貴族の世界は、きらびやかで、洋服、宝石、ファッション、調度品、家具、目の保養になります。

使用人達の中でも階級があり、たくさんの人がお城のなかで生活するとなると、いろいろな事件が起こります。

登場人物が多すぎるせいか、主要な人以外の筋は省略されている感じ。

飛び飛び見ているせいか、つじつまが合わない所もあったり、この人は誰だっけ?と思ったり。

それでも、大筋にはついていけるようになり、面白さがわかるようになりました。

友人は最初のシリーズから見ているはずなので、聞けばわかると思う。

やはり、友人の目利きは正しかった。

|

« あーちすと | トップページ | ウエス作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あーちすと | トップページ | ウエス作り »