« 化石 | トップページ | そこに樹があるから »

2018年6月 4日 (月)

サービスセンターの対応

今日は、2件、サービセンターと話して、それぞれ感じるところがあった。

まず1件目(仮にA社)は、電話が繋がる前に「サービス向上の為、録音します」という最初の文言。

これって、お客さまの為というより、会社の為じゃないか、って思い、率直に、弊社の都合でとかなんとか言ったほうが潔いいと思う。トイレの「キレイに使って有難うございます」みたいな遠まわしにキレイに使って欲しいとゆう言い方と相通じる表現。

いくら、クレーマーが多いと言われる昨今でも。

久々にサービスセンターに電話して、このセリフ聞いたので、あまりいい気分はしないです。遠まわしにクレーマー扱いされてる感じがします。

して、本題のサービスについて確認したいことがあったので、尋ねたところ、「それはうちではやってません。B社(A社の商品を紹介)のサービスです。」と言うばかり。

予想した回答とかけ離れていたので、意味がわからなかったし、返事に困った。

てんこちゃん、そんなにアタマ良くないし。

あとで、冷静に考えたら、言葉足らずな説明だと思う。もう少し他に言い方があるんじゃないかと、カチンときましたが、その時は自分でも怒りの理由がわからないのですね。

サービス向上にちっともなってないじゃないか!!

既に、その商品を買う気なくしました。

確認したい点があったので、今度は、そのB社に電話した。

B社のサービスセンターでは、ちゃんと担当の方が氏名を名乗り、かくかくしかじかと説明すると、「申し訳ございません」と平身低頭お詫びし、反論せず、クレーム対応の常とう手段の感じを受け、それはそれでなんだかなぁと思った。

が、具体的な対応策を示したので、納得もし、今後にも役立ってくれることを期待したいです。

問い合わせしたのに、一方的にアイソの無い返事で最初は怒りが先に来てしまいました。が、それでは自分の意見が伝わらないので、一呼吸置き、冷静になるのが、やっぱ一番と反省ですだ。

|

« 化石 | トップページ | そこに樹があるから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 化石 | トップページ | そこに樹があるから »