« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月27日 (火)

食欲旺盛

てん家のニャンコは、夏の間、畑を縦横無尽に駆け巡り、屋根やビニールハウスに登り、散々運動したせいか、精悍な若者になった。

チーターのように俊足で、スズメや昆虫の刈りにいそしんでおりました。

それが、ここにきて、やたらと食欲旺盛でして、一日何食食べているんだか。

何度もゴハンをねだりに来ます。

おかげで、たいへんなデブネコになりました。

今日も、買い物帰りに、玄関で鍵を開けようとして、カゴをちょっと置いたスキに、ビニール袋をかじって塩パンにむしゃぶりついておりました。

塩パンなんて、もってのほか!!

油断も隙もあったもんじゃないです。

冬ごもりの準備をしているんだか。

この食欲どこまで続くんでしょ。

キャットフードが追い付かない・・・。

| | コメント (0)

2018年11月21日 (水)

初雪初積雪

今朝の盛岡は一面銀世界。

初雪、しかも、てんこちゃんの住んでいる、ぎりぎり盛岡は、10センチ近く降りました。

部屋がうっすら明るいほど、夜空に煌々と光る膨らんだ月を見ながら眠りについたというのに、いつの間に降ったんでしょう???

数時間に、こんなに景色が違っちゃって、ビックリ、ビックリ。

慌ててタイヤ交換した方々も多かったのでは。

てんこちゃんは、今日のお出掛けはキャンセル。

タイヤ交換もまだだし、こんな雪では運転もコワイ。

雪道は慣れないからネ。

初雪でも、ちらほら降ってすぐ溶けるのが常だけど、こんなに積もるのは珍しい。

昨日のうちにお買い物に行っていてヨカッタ。

こんなこともあるから、買いだめしちゃうのですよ。

| | コメント (0)

2018年11月16日 (金)

大掃除の前に

今年も、あと1ヶ月半あまり。

紅葉狩りも、山から街路樹まで堪能できました。

色とりどりの葉を愛でられ満足満足。

秋の光って一抹の寂しさも感じつつ良いですね。

金色だったカラマツの葉っぱも落ち始めて、樹々の合間から空が見えるようになりました。

これから季節は雪へと変わります。

さて、大掃除も本腰を入れないといけないですが、まずは物を減らさないと、と、片付けを始めました。

紙ものを捨てたり、雑誌は古紙へまとめ、どんどん捨ててゆく。

が、罪悪感があって、なかなか捨てらませぬ。

しかも、地元図書館では、今「本の交換広場」のイベントをしています。

自由に本や雑誌を持ち込んだり陳列された本を持ち帰ることが出来る(交換)のです。

てんこちゃんも、不要な本を出しましたが、持ち帰る本や雑誌のほうが断然多い。

わざわざ買わないまでもタダなら読みたい面白そうな本や雑誌 etc。ちょっと古くても十分楽しめます。

結局、家には持ち帰った雑誌や本で、またあふれかえるはめになり・・・。トホホホ。

友人が、どんどんモノを減らすべく、不用品は福祉バンクに出しているとゆう。

てんこちゃんも、マネして衣類やら雑貨を出しました。

一度出し始めたら、あれこれまだまだ出してもよさそうなものがぞくぞく出てきた。

捨てるには惜しいですもの。

盛岡市民は、中古品を買うのも抵抗感が無いとか。

それには福祉バンクの力が大きいと思います。

不用品を回収し販売する。盛岡市民には馴染深い福祉バンクは、どんな物でも引取り、格安で売っています。

誰かにとって不用品でも誰かには必要なもの。しかも安くて掘り出し物もたくさんある。

店頭には衣類、雑貨、家具、本、CD・・・etc、etcありとあらゆるものを売っているので宝物探しをしている感覚になってしまう。

てんこちゃんも、福祉バンクに不用品を出しましたが、またまたそれ以上にお買い物してしまいました。

でも、要らないものは捨てるより福祉バンクに出せるのは有り難い。

中古品を買い取るお店もありますが、査定の時間がかかるしアテにしたほどオカネにならない。福祉バンクに持ち込んで「ありがとうございます」と言ってもらえたほうが満足感が大きいのはなぜでしょう。

そんなこんなで、まだまだお片付けは続く。今月いっぱいには完了したいです。

| | コメント (0)

2018年11月 5日 (月)

散歩

今日も、ぽかぽか良い天気でしたネ。

今日は、田んぼの藁をまとめて、納屋の屋根裏に収める作業をしました。

納屋にはハシゴで上がります。

てん夫は、さも当たり前のようにアガレというが、日頃ハシゴを昇る機会のない、てんこちゃんはコワイである。御義姉さんも手伝う為、一緒に登ったけど、「怖いネ。」と言っていたので、農家の娘でも思いは一緒。心強く思いました。

そんなこんな稲藁を収納です。

スイカの敷き藁用。

てんこちゃんは、今年もナワナイに挑戦したいと考えているので、藁を虎視眈々と狙っています。

「オラ、冬はナワなってるだ。」

ワラマスター目指します。

わら細工には、柔らかく長いもち米の稲のほうが適しているのだとか。

今日収納のわらは全てモチ米。

てん夫が稲わらをトレーラーに積んでいる間、田んぼの周りを散歩していました。

わらをまとめたり、積むにもコツがあるようで、返って足手まといで機嫌悪くなっているしー。

お散歩中、野バラの赤い実を大量に発見。

昨年は、知人からもらった野バラの実でリースを作りました。

家にもツルバラの実があったので、それでリースを作ろうと思っていました。が、断然野バラの実のほうがキレイ。

知人いわく、霜が降りる前に採る為、今時分が限度とか。もちょっと遠くに行かないと採れないと思っていたら、レレレ。うちにあるじゃーん。

藁入れを終わったあと、さっそく採りました。

たくさんあるといっても、急傾斜のところ。間違って転がり落ちたら野バラのトゲに傷だらけになりそう。足元に注意しながら、恐る恐る採取です。

リース一個分は採れました。

松ぼっくりやらいろんな飾りを混ぜたらいいかなあ。

そんなんを、おうちに飾って悦に入っているわけですが、田舎では、当たり前過ぎて、わざわざ家に飾るという発想がありませぬ。

好きなヒトは好きなんですけどネ。

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »