« 寒さの底は過ぎたのか? | トップページ | 祈りと願い »

2020年2月29日 (土)

紙もの

昨夜のニュースでトイレットペーパーやティッシュが買い占められているとか。

昨日の夕方、スーパーに行ったときは、テッシュも安売りの山積みであったし、

トイレットペーパーも売り場にたくさんあった。

除菌シートのコーナーは全く無くて棚がガラガラなのは確認した。

 

安売りティッシュも、いつもなら買うけれど、こないだ買ったばかりだしーと思い

買わなかった。

なので、このニュース、びっくりいたしました。

ニュースになったせいで、今日は地元のスーパーでも買い占めが始まったかもしれず。

そいえば、マスクも、町なかよりは時間差で無くなったなぁ。

 

田舎に引っ込んでいるせいか、何事も遅れて現象が起きている感じでしょうか。

というか、ニュースで、在庫ない。とか、買い占め発生とか言われると、かえって焦る。

あおられてる感も否めない。

 

オイルショックの買い占め騒動をほうふつとさせる。

てんこちゃんは記憶にない幼い時分のことだけれども、

当時、主婦たちがトイレットペーパーに殺到した映像が、今でも、たまに映る。

テレビを見ながら、てん母に、「当時はどうだったの?」と聞くと、

「買わない。」

「無くなったら新聞紙使う。」

と言っていた。

幸い、新聞紙を使った経験がないので、トイレットペーパーが足りたのか。

もしくは、てん家は当時、水洗トイレではなかったので、トイレットペーパーのような

コジャレタ紙ではなく、ガサチリといったような紙を使っていたかもしれない。

 

だんだん記憶が蘇ってきたけど、下水道が完備され実家が水洗トイレになったのは、

てんこちゃんが成人してからなのだった。

そう考えると、住宅街と思っていたけど、実家も相当田舎だったのね。

ガサチリって、もうないのかと思いきや、今でも、田舎のこの辺の公民館とか、

古いお宅の汲み取り式トイレではガサチリが健在。

懐かしく思いつつ使っているの。

どんどん思い出してきたけど、ポケットティッシュも小学生の頃は無く、

ちり紙を4、5枚たたんでポッケに入れていて使っていたような。

ポケットティッシュを普通に使い始めたのはいつ頃からだろう。

ポケットテッィシュを街頭で配っていると、進んで、もらいにいっていたのに、

いつのまにかスルーするようになってしまうほど贅沢になっていたのね。

わざわざ箱ティッシュ買わなくてもいいほど、たまっていったもの。

 

トイレットペーパーを1回のトイレで、けっこう贅沢に使っていました。

なので、実家に行くと、てん母から、てんこちゃんが来ると、紙の減りが早いと

こぼされ、トイレットペーパーをたまに買っていくのですだ。

なんでもかんでも、贅沢に慣れちゃってますね。

これからは、節約を心がけよう。

 

てん母がきっぱり新聞紙使うと言っていたので、いざとなったら、何かで代用もあり。

もっとも、水洗トイレに新聞紙は使えないから、工夫しなけりゃなりませんが。

いろいろな知恵と工夫の試し時。

|

« 寒さの底は過ぎたのか? | トップページ | 祈りと願い »

コメント

すでに某イオンも売り切れ
テレビでさわぎすぎですね

投稿: みっち | 2020年3月 3日 (火) 05時02分

正確な情報は欲しいですが、情報にも惑わされないようにしたいものです。

投稿: てんこちゃん | 2020年3月 4日 (水) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒さの底は過ぎたのか? | トップページ | 祈りと願い »