2009年11月28日 (土)

沢野日記

てんこちゃんが、最近注目しているブログに「盛岡絶賛系 沢野日記」がある。

秋のクラフトショップ「十一月」で、てんこちゃんはマッタリしていた。同じく、奥の部屋で談笑している若いふたりの女性たち。帰る時に、店主のOサンと少し、オハナシをして帰っていった。

帰っていった女性達を見送りつつ、てんこちゃんは、又Oさんとオハナシしていて、今の人は、てくりに出ていた方だ。とOさんは言った。てくりのバックナンバーを見せて、確かに公会堂で松本源蔵さんと「赤いスイートピー」を盛岡弁に訳すとどうなるか検証していた沢野いずみさんだった。

てんこちゃんは、雑誌に出ていたヒトが実際に現れ、有名人に会ったような気になった。

それから、家に帰り、ブログを検索したところ、沢野さんのブログを見つけた。

翌日、てんこちゃんは、小岩井のクラフト市に行った。そうしたら、てくりのブースに昨日見たばかりの沢野さんがいた。で、ちょっとオハナシした。

沢野さんの日記の更新頻度はそう高くないけど、文章がおもしろい。さすが演劇プロデュースする方だけのことはある。

てんこちゃんも何気なくブログにただのヒトで登場していたりして。

しかし、沢野さんは、波乱な方なようで、若いのに2度も心臓の大きな手術をし、生死の世界をさまよい、今も医大で定期健診がかかせないらしい。

そのくだりもブログに綴られていて知った。(カテゴリー:闘病記っぽい)

で、よく読ませていただいておりますが、その影響か、てんこちゃんの文章も沢野さんの文体に似てきたような気がする。(これはいけない。)

しかし、てんこちゃんも、写真を登用せず、文章だけで、勝負しようかな。

| | コメント (0)

2009年10月16日 (金)

向井理クン

てんこちゃんの年代別お気に入り俳優サンは、たくさんいるけど、今あげるとしたら、50代村上弘明、40代唐沢寿明、上川隆也、松重豊、30代竹野内豊。で、最近台頭してきている感じの20代部門では、小栗旬、藤原竜也、成宮寛貴、そうして、向井理クンだ。

向井理クンだけなぜ、クン付けかというと、他の3人はルックスはともかく、実力も兼ね備えた俳優だけど、向井クンは、ルックスがツボにはまっちゃったからだ。もっというと、惚れてまうヤロー!!てな感じでありまする。もう、理クンのことを考えただけでドキドキして、オトメになってしまい、妄想が膨らむ。なので、この際、演技がヘタでもいいノダ。背が高くて、手足が長い上に、顔が小さく、目もあまり大きくないところがヨイ。それに、明治大学農学部卒で頭もヨイ。嗚呼、てん息があのような息子であったら・・・。しかし多くは望まないようにしよう・・・。

an・anではヌードも披露してくれちゃって(てんこちゃんは買いそびれたが)、表紙の写真がいいのですわ。

今、NHKドラマで黒木瞳と共演していて年の差カップルを演じているけど、黒木瞳はてんこちゃんより年上なので、てんこちゃんも範囲内だなぁ・・・と思ったりして♡。今度始まる傍聴マニアも楽しみであーる。今、波にノッテイル俳優の一人ではないかと思ふ。てんこちゃんの生活に潤いを与えてくれる存在なのだ。

| | コメント (0)

2009年7月24日 (金)

修復

Chawan

十一月のOさんに修理をお願いしていた、ゴハン茶碗。OPEN DAYの今日、取りに行ってきた。真っ二つに割れたお茶碗がキレイに修復しておりますた。感激!。漆で接いだそうで、茶色い線が出来ている。

しかしフツーにゴハンが食べれるそうな。

そのゴハン茶碗を作ったクラフトマンスタジオ冬扇の高橋昌子さんの器展が今日から日曜日まで、南昌荘であると、Oさんが言っていた。昨年、てんこちゃんは行っているので、ダイレクトメールが来ていてもよさそうなものなのに・・・と残念に思った。しかし、家に帰って、テーブルの上見たら、ダイレクトメールが届いていた。

時間があったらぜひ行きたいな。

しかし、冬扇さんの器、結構、コレクションしておりまする。もう、食器棚に収まりきれない。

| | コメント (0)

2009年6月22日 (月)

Utuwa

だいぶ前、「十一月」さんで、冬扇さんのゴハン茶碗を買った。それが、真っ二つに割れてしまったのですね。

「十一月」のOさんが、割れても修理して使えますよ~、と言っていたことを思い出し、修理を依頼した。直るかどーか不安だったけれど、気に入って買ったものなので、あきらめきれない。冬扇さんの器は地味に見えるけど、繊細で、模様もかわいい。気に入ったお茶碗を洗う時は、面倒なお茶碗洗いもモチベーションが上がる。

「十一月」さんのブログにてんこちゃんの器のことが載っていますた。

直った!!いい感じ。お直しをお願いしてヨカッタ。

さっそく、次のお店の開店の時に取りに行きまする~。

「十一月」さんのブログ http://ao11.blog.shinobi.jp/

| | コメント (0)

2008年12月14日 (日)

プレゼント

ボラ仲間のKさんが雪の中、クリスマスプレゼントを届けてくれた。

お手製アクリルタワシ。

メンバーの数ぶん。

気を使わせず、それでいて、手のこんでいるプレゼントを毎年くれまする。

さりげないが、言う時はちゃんと言うし、やさしいし、目配り気配りの出来る大人の女性だす。

てんこちゃん尊敬してまする。

| | コメント (0)

2008年11月10日 (月)

小鹿田焼きの器

滝沢の岩井澤邸で6日(木)~9日(日) 日本の手仕事逸品の会 主催手仕事フォーラムがあった。

織物、竹細工、陶器、ガラスの器などなどの展示即売会。

見れば見るほど欲しくなる逸品がいっぱい展示している。

昨年もあった。てんこちゃんも欲しいものを見つけたが、その時は買わなかった。しかし、買わないことを後悔したので、今回、同じのがあったら、買おうと決めて行った。

日本には、全国各地にいろんな焼き物があるが、てんこちゃんが、最近出会った焼き物が小鹿田焼きだ。

いろんなHPやブログを見ていると、お料理が盛り付けられた器がとってもおいしそうに見える。九州地方の焼き物らしい。お皿の表面に引っかき傷のように文様が全体的にほどこしてある。

それが不思議で、使い勝手はどうだろうとしげしげと眺めた。洗った時に汚れが落ちにくくないかなとちょっと思ったりして。

そのほかにも、壺、コーヒーカップ、湯飲み茶碗。どれも持った時の安定感があって、これで、お茶やコーヒーを飲んだらおいしそう、と欲しくなるようなものばかりだ。

てんこちゃんは、オーソドックスなお皿を選んで購入した。

どんな料理でも、このお皿に盛ったら、おいしく見えそうな気がする。Onta_2

| | コメント (2)

2008年10月25日 (土)

くじさんのマフラー

盛岡の南昌荘でくじあさこさんのマフラー展をやっておりまする。

クラフト市で初めて出会ったのだが、色とりどり、個性的な模様、シックな模様などなどフェルト製のマフラーがずらりと並んでいた。

昨年の11月展ではまっさきに売れていたほどの人気。11月さんにもシックな模様の11月さんらしいマフラーが置いていた。

てんこちゃんは、去年の11月展で、紺色がベースにパッチワーク風に縞や水玉模様やいろんな模様が混ざっていて、おまけにレース片がちらっと入っているマフラーを買った。

しかし、もったいなすぎて、結局、まだ身に着けていないのであった。

今年は、クラフト市、馬っこフェスタ、くじあさこ展と、精力的にマフラーを次々に生み出している。

馬っこフェスタに展示されていたマフラーで、てんこちゃんのツボにはまる1本があったが、気に入ったのと似合うのは別モノ。1本持っているしなぁ・・・とあきらめた。

しかし、やっぱり、あきらめきれなくて、あとで後悔した。

また、同じような模様のシリーズが出ないかなぁ。

フェルトのマフラーというところが、ユニークだ。特許とか、意匠登録しておいたほうがいいのじゃないかと思う。

今は、一人で全部制作しているけれど、まねっこされないか心配になっちゃう。

| | コメント (0)

2008年7月29日 (火)

器展

昨日の南昌荘、てんこちゃんは高橋昌子さんの個展「白い器展」を見に行ったことは既に書いたが、あまり詳しく書けなかったので今日は、その話題を。

高橋昌子さんの作品は焼き物なのに軽さがあり、はかないカンジもあるが凛としたところもありで、てんこちゃんは、自分用のお茶碗も購入して愛用している。

クラフトショップ十一月さんで購入していたが、個展のほうがより沢山の作品が見られそうなのでどうしても行きたいと思っていた。しかし残念なことにてんこちゃんは開催3日目に行ったので、既に、てんこちゃんが欲しいと思っていた器は売れちゃったらしい。

やはり、展示会は初日に行くに限ると反省。

以前購入した、大ぶりな小鉢をてん息用のゴハン茶碗に利用していたが、ヒビが入ってしまった。それでもなんとか使っていたがとうとう真っ二つに割れてしまった。

なので、同じようなお茶碗を探していた。

しかし、同じような小どんぶりはなくて、大きめのお茶碗を代わりに買った。それから、種の模様が変わっているお茶碗も珍しいので購入した。

これで、ご飯がよりおいしく食べられるというもの。

お茶碗は大体そろったので、今度はお皿が欲しいなぁと思っているのだが、もう食器棚に入るスペースがないよー。と悩んでしまうのであった。

| | コメント (2)

2008年5月17日 (土)

バブーシュ

Babusyu_2

今年から、毎月1回2日間の開店となった、11月さん。

今月の11月さんでは、てんこちゃん、ガケから飛び降りますた。(高価な買い物をするの意)

昨年の11月展から、ずっと入荷待ちだったという、バブーシュをてん夫のとてんこちゃんの2足購入した。

サンザン迷った。

なぜなら、簡単に言ったらスリッパだ。

スリッパにしてはお値段が張るのだ。

しかし、履き心地がいい。11月さんでずっと履いていたバブーシュがとても履き心地がよかったからだ。

バブーシュって、実はどんな履物か知らないけれど、外履きでもよいが普通は室内履きとして使用するようだ。

普段250円のスリッパを使っているてんこちゃんが○千円のスリッパを購入するなんて、ガケから飛び降りたと言うほか無い。

でも、長い目でみたらずっと使えるというので思い切って購入すました。

で、自分のだけでもよかったのだが、てん夫のスリッパももうなんというか、見た感じズタボロ雑巾のようで、これを室内履きしてるというのも恥ずかしい、とつい最近思っていたばかりだったので、紳士サイズも一挙購入。

てん夫にさっそく履かせたら、「土禁の車によさそうだ。」という。

確かにそうかもしれぬが、うちの場合、絶対考えられないからー。

| | コメント (2)

2008年3月17日 (月)

石好き

石っこ賢さと呼ばれた宮沢賢治のように、てんこちゃんも実は石好きだ。

最近は石も流行してるのか、お店もいっぱい出来た。女性は宝石好きだというけれど、まさか、石を売る店など、ひとむかし前など考えられないことだ。

水晶、アメジスト、アクアマリン、カーネリアン、タイガーアイ、トルコ石等など、それぞれ運気が上がるとか効能があるといわれている。いわゆるパワーストーンですね。

てんこちゃんも水晶やアメジストなどの鉱物に惹かれ、随分集めた。

そのほかにも、黒曜石は石器時代の矢じりに使われているというし、石炭は機関車の燃料、水晶の一歩手前の石英など、コレクションといっても、人とはちょっと違っているかもしれない。

てんこちゃんは、宝石なら、ダイヤモンド、ルビー、エメラルドが好きだ。

このへんの宝石は今じゃ、人造出来ちゃう。

ちなみに、手塚治のマンガ「リボンの騎士」はサファイヤ姫だ。今度、リメイクされて全く新しいサファイヤ姫で登場する。

で、サファイヤも好きだが、実際の宝石を見たことが無いナ。

てんこちゃんの誕生石は10月なので、昔からオパールだといわれていた。

しかし、てんこちゃんは、オパールが研磨されて、まぁるくて、テロンとした感じがどうも好きじゃない。

ダイヤみたいにカットされた石が好きなのだ。

なので、婚約指輪もエメラルドをリクエストし、てん夫から頂いた訳だが、値段がはった割には、一度も身につけたことが無い。タンスの肥やしとなっている。(大枚をはたいたのに、考えたらモッタイ無い)

というように、宝石はあまり興味は無く、どちらかというと、鉱物のほうが好きなてんこちゃんであるが、今回、とある展示会で、オパールの原石を加工したネックレスヘッドに出会ってしまった。

原石の周りに銀の装飾が美しく精巧に施されている。よくよく石を見るとオパール独特のいろんな色に変わり、日が当たるとまた光り具合が移り変わり、とっても惹かれてしまった。なんたって、原石でっせ!。なので変則的な形。裏側は完全に石模様なので原石ということがよくわかる。

てんこちゃんのツボにはまりまくり。

さんざん迷ったが、てんこちゃん、またまたガケから飛び降りますた。(ヨイお値段のものをお買い上げするの意)

てんこちゃんの好みの長さのチェーンを選んでもらい、ちょうどよいネックレスにしてもらいますた。

てんこちゃんも、そろそろいい歳なので、なるべく本物を身につけよう。一生モノだ。

と、自分に言い聞かせておりまする。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧